逗子・葉山版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

ぶどうの木in湘南 「依存症への理解深めて」 支援10周年で記念フォーラム

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
来場を呼びかける菅田さん(左から4人目)ら
来場を呼びかける菅田さん(左から4人目)ら

 逗子市を拠点に、薬物やアルコール、ギャンブルなどの依存症に苦しむ人たちの回復を支援している「ぶどうの木in湘南」(菅田万里子代表)が、活動10周年を記念したフォーラムを6月8日(土)に開催する。メンバーは「関心を持ってほしい」と準備に奔走している。

 「ぶどうの木」が発足したのは2008年。菅田さんらが薬物依存症のリハビリ施設・山梨ダルクの関係者から話を聞いた事がきっかけだった。「それまで自分自身が薬物依存に無関心で、偏見を持っていたことを痛感した。このままではいけないと、活動を始めました」と振り返る。

 ダルクとは「ドラッグ・アディクション・リハビリテーション・センター」の略で、現在全国に約60拠点、90施設ある。1日3回のミーティングを開き、自分の言葉でそれまでの人生や依存症について語り、自然のなかで仲間と規則正しい生活をすることで回復を目指している。

 菅田さんらはバザーを開いたり寄付を募って経済的に支援しているほか、入所するメンバーと直接交流することで社会復帰への手助けを行っている。また、毎年講演会やコンサートを開き、依存症に対する正しい知識の啓蒙に努めている。

メンバーと企画

 月に1回、開かれる「ぶどうの木」の定例会には、毎回、山梨ダルクのメンバーが参加する。5月26日に行われたフォーラムの打合せにも、スタッフの石森智さんと、入所する男性が参加=写真下。当日の流れや機材の分担などの確認が行われた。菅田さんは「毎月顔を合わせて話を聞くことで施設のことが良くわかるし、より必要とされる支援につながる」とし、石森さんは「社会復帰する良い練習になる。支援をいただくことで、『悪いことはできない』というストッパーになっており、とてもありがたい」と語った。

 記念フォーラムは6月8日(土)、逗子文化プラザなぎさホールで開催される。午後1時30分から4時30分まで。自身も薬物依存を経験し、日本ダルクを創設した近藤恒夫さんが「日本でダルクを始めた理由」と題して講演。また、山梨ダルク代表の佐々木広さんが10年の歩みを振り返り、富山ダルクが和太鼓演奏を披露する。参加費無料。

 問い合わせは【電話】046・871・4937菅田さんへ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

学生が集う場所に

学生が集う場所に 社会

関東学院大生が空き家改修

7月12日号

三崎×都心の2拠点生活

三崎×都心の2拠点生活 社会

元呉服屋をリノベーション

7月12日号

2家族で一軒家をシェア

2家族で一軒家をシェア 社会

新しい子育てのかたち

7月12日号

「できたての風味 味わって」

とちぎや

「できたての風味 味わって」 教育

汲み出し豆腐を特別提供

7月12日号

葉山小で児童と交流

英国セーリングチーム

葉山小で児童と交流 教育

努力の大切さ伝授

7月12日号

「こどもレストラン」大盛況

「こどもレストラン」大盛況 教育

料理や接客、会計も学ぶ

7月12日号

手づくりの魅力感じて

手づくりの魅力感じて 社会

約250点の作品展

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク