逗子・葉山版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

理科ハウス パワーアップし再開館 対象年齢13歳以上に

教育

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
本棚も増設された
本棚も増設された

 昨年9月から休館していた世界一小さい科学館「理科ハウス」が5月16日、再オープンした。対象を小学3年生から13歳以上に設定し、展示内容を一新。貸出用書籍も増やし、「理科への興味を育む場」として新たな一歩を踏み出した。森裕美子館長は「中学生向けの科学館が少なく、対象年齢を引き上げた。ただ、これまで通りどなたでも大歓迎です」と呼び掛けている。

 6月23日(日)には、実験企画「ダイヤモンドを燃やしたら」を開く。講師は東京大学講師で『理科の探検』編集長の左巻健男さん。「何が起こるかは当日のお楽しみ。知る人ぞ知る左巻先生の実験をお見逃しなく」と森さん。午後2時から4時まで。対象は中学生以上で参加費1200円。

 申し込みや問い合わせは「理科ハウス」で検索するか【電話】046・871・6198へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

元気と生きがい地域に

元気と生きがい地域に 社会

有志団体がNPO法人化

4月30日号

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter