逗子・葉山版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

ユニリーフ 活動11年目で1千冊達成 ユニバーサル絵本制作

教育

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
最初に制作した絵本を手にする大下さん
最初に制作した絵本を手にする大下さん

 売られている絵本に点字を打った透明なシートを挟み、見える人も見えない人も一緒に読むことができる“ユニバーサル絵本”。日本で唯一制作し貸し出しもしているユニリーフ(葉山町一色)がこのほど、制作数1千冊を達成した。

 視覚障害のある娘を持つ大下利栄子さんが活動を始めたのは2008年。イギリスで30年以上の歴史を持ち、1万冊以上の蔵書を持つ「クリアビジョン」プロジェクトを知ったのがきっかけだった。「それまで点字の絵本には絵がなかった。家族や友達と一緒に楽しめるのに共感した」という。

 その後は専門家とともに諸外国の先進例を参考にしながら試行錯誤を重ねた。最初に作った絵本を開きながら「手本となるものがなかったので、利用者さんの声を参考にしながらひとつずつ改良しました」と振り返る。

 あす6月15日(土)には「1000冊記念!感謝のつどい」を午前11時から午後3時までカフェテーロ葉山(葉山町一色1532、【電話】046・874・9061)で開く。入場無料。大下さんは「多くの方の善意に支えられて活動を続けられている。絵本を展示するので、興味のある方は覗きに来てください」と話している。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

地球の営み 一本の映画に

地球の営み 一本の映画に 文化

プロデューサーの講演も

1月24日号

環境に優しい暮らし方

環境に優しい暮らし方 社会

来月15日 逗子で講演会

1月24日号

「美しい調和 楽しんで」

「美しい調和 楽しんで」 文化

マンドリン楽団が定演

1月24日号

旬のわかめを収穫

旬のわかめを収穫 文化

小坪漁港で体験会

1月24日号

星空の不思議見て学ぶ

星空の不思議見て学ぶ 教育

かわいさんの解説も

1月24日号

水彩印象画を体験

水彩印象画を体験 文化

来月 小坪コミセンで

1月24日号

「三浦半島」空から満喫

「三浦半島」空から満喫 経済

京急電鉄が実証実験

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク