逗子・葉山版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

旬のわかめを収穫 小坪漁港で体験会

文化

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
昨年は干す作業も体験した(提供:同協会)
昨年は干す作業も体験した(提供:同協会)

 逗子市の小坪漁港で「わかめ収穫作業体験」が2月25日(火)に開かれる。小坪漁業協同組合と逗子市観光協会の主催。

 小坪の漁師の指導のもと、当日朝にとってきたわかめを切り分け、釜茹でし、水洗いしてから干す作業を体験する。新鮮なわかめを使った味噌汁の振る舞いもある人気企画。

 費用は1千円(傷害保険他)で先着20人。時間は午前9時から午後3時まで。小坪漁港(小坪漁業振興センター前)に集合。持ち物は弁当、防寒着、雨ガッパ、長靴、ゴム手袋。「駐輪場や着替える場所がないので、事前の準備をお願いします」と主催者。天候による開催の可否は当日朝7時に決定し、同協会のツイッターやフェイスブックアカウントで発信する。

 申し込みは2月3日(月)から開始。電話または市役所2階にある同協会窓口で受け付け。問い合わせは市観光協会【電話】046・873・1111(内線286)へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook