逗子・葉山版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

葉山レモンの新商品続々 上山口の三留さん栽培

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
葉山レモンを作っている三留さん、新発売した「葉山焼塩レモン」
葉山レモンを作っている三留さん、新発売した「葉山焼塩レモン」

 葉山町上山口で、今月からレモンの収穫が始まった。育てているのは三留武さん。とれたてのレモンは葉山ステーションなどで販売しており、フレッシュな香りとジューシーな果汁で、菓子作りにも好評だ。

 10年前、「葉山の名産になれば」との思いで約50本の苗木を植えた三留さん。午前中は日が当たらない環境だが順調に育ち、3年ほど前から収穫できるようになったという。「レモンの良い所はリスが食べないところ。特に手入れは必要なく、手間がかからない」と語る。

 昨年は過去最高となる約500kgがとれた。しかし、半数ほどがキズありのいわゆる「B級品」で売り物にはならない。「見た目は悪いが味は良い。捨てるのはもったいない」と、JAよこすか葉山が運営する直売所「すかなごっそ」(横須賀市長井)の滝口博店長に相談。レモンを丸ごと粉末にして活用することにした。

 初年度は、粉末を使った「檸檬みそ」を開発。野菜や魚、ステーキに使える新感覚の味噌で、すぐに人気の商品になった。このほど、「葉山レモンキャラメル」「葉山焼塩レモン」「夏野菜の檸檬キーマカレー」も新登場。滝口さんは「爽やかさが葉山のイメージにピッタリ」と人気の秘訣を語り、三留さんは「ユズもいい感じに育っている。葉山の名産が増えれば」と話していた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

元気と生きがい地域に

元気と生きがい地域に 社会

有志団体がNPO法人化

4月30日号

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter