逗子・葉山版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

執筆重ね節目の100号 エッセイ集「マグノリア」

文化

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
ずらっと並ぶこれまでの冊子とメンバーたち
ずらっと並ぶこれまでの冊子とメンバーたち

 逗子や葉山、鎌倉在住のメンバー8人が集まり、毎月発行している手作りのエッセイ集「マグノリア」100号の制作が進んでいる。

 会代表の長谷川静さん(逗子市在住)が病による視力の低下をきっかけに、読める本が少なかったり、長編だと目への負担が大きいことを知り、「それならば文字が大きい短編集を自分たちで作ってしまおう」と8年前に活動を開始した。

 毎月テーマを設定し、2千字程度を目安にメンバーたちが思い思いの物語を執筆している。表紙の作成や製本まで全て自分たちで行っているのが特徴で、長谷川さんの自宅のプリンターを使って、毎号100部を刷っている。

 「毎月、絵葉書で感想をくれる人もいて励みになっている」と長谷川さん。最高齢のメンバーは97歳の男性といい、「100号へ一番に原稿を送ってくれた。目標としていた節目まで、みんなでよく続けてこられたと思う」とメンバーたちは感慨深げに振り返る。

 10月10日には、逗子市内でそれぞれの作品を披露する合評会が行われ、メンバーたちは和気あいあいと作業を進めていた。22日(金)頃には、逗子や葉山の図書館、椿書房、高齢者施設等に配架される予定という。

 現在、1号から99号までのバックナンバーを希望者に無料で配布している。申し込みや問い合わせ【電話】046・872・3017長谷川さん

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook