逗子・葉山版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

海洋プラ園児と考える かぐのみ幼稚園で催し

教育

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 海洋プラスチック問題を考える催しが、11月16日、かぐのみ幼稚園(逗子市沼間)で開かれ、園児や保護者ら約200人が参加した=提供写真。

 テーマは「ゆたかなうみのおと」。園児と保護者が逗子葉山の海岸で拾ったプラスチックゴミやシーグラス、貝を使ってワークショップや遊びコーナーなどを開いた。「釣りコーナー」では、ペットボトルなどのゴミと、紙に描いた魚やタコを入れたビニールプールを設置。木の枝で作った釣竿でゴミはゴミ箱へ、生き物が釣れたらサメの口に入れ、遊びを通して海を守る方法を考えた。

 ワークショップでは、親子連れが真剣な表情で貝殻の色塗りに挑戦。会場にはプラスチックゴミを利用したクラゲやペンギン、魚などが飾られ、展示物や絵本コーナー、鯨のトンネルや、海の生き物を描くコーナーも設けられた。

 主催した保護者代表の1人、成井純子さんは「親も問題の大きさに気づいた。将来、子ども達が考えるきっかけになったら」と話し、石井はるか副園長は「繰り返し伝えることが大事」とした。ビニール袋が絡まった鳥の展示が印象的だったという小柳津(おやいづ)敢介くん(6)は「魚や鳥がかわいそう。もっと、きれいな海になればいいと思った」と話していた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook