小田原版 掲載号:2012年8月18日号

おふくろの味で6次産業化

生産農家が新特産品に挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
作ったものをその場で試食
作ったものをその場で試食

 梅や野菜、柑橘類など、小田原の農産物を加工し新たな特産品づくりを目指す「小田原うまいものづくり学校」が7月に開催された。市内曽我別所の梅の里センターには地元の農家の女性たちが集い、食総合プロデューサーの金丸弘美さん、料理研究家の馬場香織さん指導の下、30種類以上のメニューに挑戦。「生産から加工、販売まで主体的に関わる6次産業化で、収入の向上につながれば」と金丸さんは抱負を語った。

 参加者の中で人気が高かったのは、梅肉入りのそうめんと、梅の焼きおにぎり。梅農家の女性は「小麦粉をまぶすだけでおにぎりが香ばしく焼けました。ちょっと工夫するだけで、身近な食材がより豊かなものになりました」と話していた。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク