タグラグビー 小田原が南関東2位 全国にはあと一歩届かず

スポーツ

掲載号:2016年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 小田原タグラグビークラブ=写真=が1月17日、山梨で行われた「全国小学生タグラグビー選手権大会」の南関東大会で準優勝した。目標の全国出場は叶わなかったが、初の大舞台で4勝1敗と好成績を残した。

 昨年11月に行われた県予選を、クラブ創設8年目で初めて突破した同クラブ。南関東大会には、神奈川、長野、山梨の県代表2チームずつ計6チームが出場し、総当たりで全国の切符を争った。

 小田原は、長野と山梨の代表を相手に、持ち前のチームワークを活かして次々にトライ。全勝で退けた。しかし、県予選決勝で同点だった「日野小 暁」(横浜市)との一戦では、自分たちのプレーができず2-5で敗北。主将の杉山裕規君(芦子小6年)は、「パスミスや守備で相手のタグが奪いきれなかった。ライバルに勝てず悔しい」と振り返った。

 染谷慶太代表(55)は「相手も強くいい経験になった。この経験を後輩に伝えてほしい」と奮闘した選手たちを労った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

酒匂川フォトコン

「森をオフィスに」

「森をオフィスに」 社会

いこいの森で企業が試行

7月24日号

浸水の野球場300人で復旧

浸水の野球場300人で復旧 スポーツ

ソフトボール選手ら尽力

7月24日号

リハビリ視点で家族介護

リハビリ視点で家族介護 教育

小田原市 けやきで教室

7月24日号

「外呑み横丁」が中止

東通り商店街

「外呑み横丁」が中止 経済

7月24日号

コロナワールド周遊クーポン

読者プレゼント

コロナワールド周遊クーポン 文化

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter