小田原版 掲載号:2016年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

花びらの翼に夢を乗せ 椿さん(ハナマサ)がJAL CUP4位

文化

4位に入賞した椿さんと作品=2月6日・東京ビッグサイト
4位に入賞した椿さんと作品=2月6日・東京ビッグサイト
 東京ビッグサイトで2月6・7日に開催された国内最大級の花のイベント「フラワードリーム2016」で、フラワーデザインの技術を競うコンテストにハナマサ(市内栄町)の河野精一朗さん(45)と椿尚美さん(36)が出場。一般公募型の「JAL CUP」に挑んだ椿さんが、86人中4位に輝いた。

 JAL CUPは「芽生え〜新しい季節に向けて〜」のテーマに沿い、アレンジメントかブーケのいずれかを出品する。椿さんは過去2度の出品経験から「(主催者が日本航空という点で)羽をモチーフに使うとポイントが高い」と分析。山帰来の実で作った輪とカスミソウを貼り付けた羽からなる上部と、テマリソウのところどころに啓翁(けいおう)桜がのぞく下部を鉄のフレームで結び、”あぜ道の上空を飛ぶ鶴”をイメージしたアレンジメントを製作。ピンセットを使い5時間かけて作った白い”羽”は遠目にも目立つ出来栄えで、多くの来場者が足を止めていた。

3年連続のJカップ河野さんが健闘

 河野さんは、全国から代表選手が集うジャパンカップに3年連続で出場。「花・技・心〜フローリストの本気〜」のテーマのもと、大会史上初めて、全選手共通の主資材が用意された一次予選に挑むも、通過はならなかった。

 花屋の本分は「顧客の希望をいかに叶える商品を提供できるか」と話す河野さんは、自らに足りないものを知りたいと、さまざまな大会に挑戦している。準備期間を含め、「自分の表現したいものと真剣に向き合う時間が持てた」と今大会を振り返った。

グロリオーサで作った大小のポイントの間を這うように活けた雲龍梅と、部分的にあしらった苔が印象的な河野さんの作品=同
グロリオーサで作った大小のポイントの間を這うように活けた雲龍梅と、部分的にあしらった苔が印象的な河野さんの作品=同

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

安藤ニキさんが絵画展

安藤ニキさんが絵画展

清閑亭で24日から

1月24日~2月5日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク