里帰り分娩再開へ 小田原市立病院

社会

掲載号:2016年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 これまで小田原市立病院が受け入れを休止していた里帰り分娩が、2016年9月以降に分娩を迎える人を対象に再開することがわかった。

 市立病院は15年4月、秦野赤十字病院が医師不足などを理由に分娩を取り止めたことにより、妊婦が同院に転院してくることを懸念。この地域の妊婦が分娩できる環境を維持するため、救済措置として16年1月以降の里帰り分娩の受け入れを休止していた。

 市立病院では、病棟の数などから年間分娩件数を800件、月では70件弱を目安として、10人の産婦人科医で対応にあたっている。

 同科の平吹知雄医師(58)は、「14年、15年と分娩数が減少し、今年も低水準で推移している。今後も生産人口(出産する人)が減少することが予想されるため、里帰り出産の受け入れ再開に踏み切った」と経緯を語り、「希望する方はぜひ相談を」と呼びかけた。

 なお、市内の出生数も12年の1497人から年々減少傾向にある。

産婦人科医の平吹医師
産婦人科医の平吹医師

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メダカの里親募集

メダカの里親募集 文化

27日 締め切り

5月21日号

小学生が茶摘み体験

小学生が茶摘み体験 教育

湯河原町の3校140人

5月21日号

8年ぶり県制覇で関東へ

旭丘高相撲部

8年ぶり県制覇で関東へ スポーツ

個人戦は3階級で優勝

5月21日号

時計の下に集合

時計の下に集合 経済

松風LCが35周年で寄贈

5月21日号

みんなでドンドコ祭り

みんなでドンドコ祭り 社会

5月29日 ブレンドパークで

5月21日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook