野頼君が夢舞台へ 全日本少年サッカー大会

スポーツ

掲載号:2016年12月10日号

  • LINE
  • hatena
憧れの最高峰の舞台に挑む野頼君(写真は保護者提供)
憧れの最高峰の舞台に挑む野頼君(写真は保護者提供)

 Jリーグ横浜F・マリノスの下部組織に所属する野頼駿介君(足柄小6年)が、12月25日から29日まで鹿児島県で開かれる「全日本少年サッカー大会」にメンバーの一員として出場する。

 野頼君は主に右サイドバックとして出場。11月に県内128チームが参加して行われた県予選では、相手の裏のスペースへ抜け出す得意のプレーが光った。なかでも準々決勝のSFAT伊勢原戦と決勝のバディーSC戦では自ら得点を決め、2年連続の優勝に貢献。全国大会の切符を掴んだ。

 昨年も5年生ながらベンチ入りし、大会に帯同したが、出場時間はごくわずかだった。悔しさを胸に、横浜市内での週4回の練習以外に小学校や自宅で自主練習もこなし、「今度は自分の力で勝ちたい」と臨んだ。大会の1カ月前からチームメイトと共に「優勝しよう」を合言葉に結束を深めてきた。

 野頼君は「まさか優勝できるとは夢みたい。ここぞという場面でマリノスらしいサッカーが見せられた」と笑みを浮かべた。

 セレクションに合格し、小学3年生からチームに。憧れのマリノスのユニフォームに袖を通し、入団した頃から目標にしてきた全国大会。最高峰の舞台を前に「得点王になって、全国制覇したい」と力強く意気込んだ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

エコバッグ作りませんか?

飲食店の皆様へ

エコバッグ作りませんか? 社会

9月19日号

子どもにも「行きつけ」を

子どもにも「行きつけ」を 文化

日常の居場所担う駄菓子店

9月19日号

相洋なでしこが初陣

相洋なでしこが初陣 スポーツ

情熱でゼロから道拓く

9月19日号

レトロな街中を撮影(ハント)

レトロな街中を撮影(ハント) 文化

ハッシュタグで投稿

9月19日号

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る

ベルマーレ

CF(クラウドファンディング)で資金支援募る スポーツ

新型コロナで赤字の見通し

9月19日号

惜しまれて、閉館イベント

旧片浦支所

惜しまれて、閉館イベント 社会

有効活用を希望する声も

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク