河野さん、らん展で優良賞 新境地・立体感を演出

文化

掲載号:2017年2月25日号

  • LINE
  • hatena
サークルのずれや立ち上がりで立体感を表現した作品
サークルのずれや立ち上がりで立体感を表現した作品

 ハナマサの社長・河野精一朗さん(46)が、東京ドームで2月17日まで行われていた国内最大級のらんの祭典「世界らん展日本大賞2017」のフラワーデザイン部門(60余作品)で3位の優良賞を獲得した。最優秀賞を逃した悔しさもにじむが、受賞に「きちんと3位に入賞できて、結果をハナマサに持って帰れてよかった」と話した。

 冬場でも緑の葉をつけ生命感を感じる松の枝をおき、前後に3枚のアクリル板をたてた。宙にふんわりと浮く鮮やかで軽やかなサークルは河野さんの代名詞。作品全体に、コチョウラン、カトレア、オンシジウムなど約10種のランを生け込み、花は100%ランを使用した「らん展の作品」に仕上げた。

 これまで2次元の作調が多かった河野さんだが、今回のコンセプトは立体感。大小のランのサークルを巧みにずらしたり、アクリルで分断されるはずの松の枝を手前に突き出してみたり、最下部にあるサークルをアクリルに合わせて立ち上げてみたりと、見る角度によってさまざまな変化を楽しめる3次元の作品だ。過去3回の出場では奨励賞にとどまったが、今回は一歩前進した。

 河野さんは「10年間こだわってやってきたフラワーデザイン。これからも多くの大会に出てスキルアップしたい。どんな大会でも入賞し、そこで得た表現はお客様に還元していきたい」と話した。

優良賞の盾を持つ河野さん
優良賞の盾を持つ河野さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

初心者向け朗読講習会

初心者向け朗読講習会 教育

「録音図書」担い手を育成

9月11日号

文化芸術の拠点に

文化芸術の拠点に 文化

小田原三の丸ホール開館

9月11日号

匠の技でキャンプギア

匠の技でキャンプギア 文化

地元木工企業が商品開発

9月11日号

明大マンドリン演奏会が中止

箱根5区を歩こう

箱根5区を歩こう スポーツ

参加者募集

9月11日号

おなかの上からタッチ

おなかの上からタッチ 社会

ママズハグ

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook