「6月をお楽しみに」 市内で稚鮎放流

社会

掲載号:2017年4月22日号

  • LINE
  • hatena
太閤橋付近では6万匹が放流された
太閤橋付近では6万匹が放流された

 早川河川漁業協同組合(細川孝組合長)は4月13日、市内入生田の太閤橋下河川敷などで、6月1日のアユ釣り解禁に向けて昨秋に孵化した稚鮎(4〜5cm)約290kgを放流した。1950年に始まった事業で、当日は会員14人が参加。鮎は6月までに最大約16cmの大きさに成長する。

 放射線検査が今年から解除されるなど、川の状態も昨年に比べ良好。2月14日にすでに天然物の鮎の遡上が確認されたという。また天敵といわれるカワウの対策として、市内6カ所に竹を沈め、ロケット花火を放つなど例年以上に強化を図る。

 また、同組合では夏までに880kgの鮎を放流していく予定。細川組合長は「今年は釣れます。昨年より大きいものを放って、いつでもどこでも釣れるような形をとりたい」と話した。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

「カホン」作って叩こう

大村楽器店

「カホン」作って叩こう 文化

小田原の間伐材利用

10月17日号

新生児に10万円

湯河原町

新生児に10万円 社会

コロナ対策で独自支援策

10月17日号

寄付

寄付 社会

10月17日号

箱根の魅力を全国に

箱根の魅力を全国に 経済

温泉総選挙にエントリー

10月17日号

密避け呼びかけ

密避け呼びかけ 社会

赤い羽根共同募金

10月17日号

規模縮小し継続開催へ

箱根大名行列

規模縮小し継続開催へ 文化

今年は疫病退散を祈願

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク