「6月をお楽しみに」 市内で稚鮎放流

社会

掲載号:2017年4月22日号

  • LINE
  • hatena
太閤橋付近では6万匹が放流された
太閤橋付近では6万匹が放流された

 早川河川漁業協同組合(細川孝組合長)は4月13日、市内入生田の太閤橋下河川敷などで、6月1日のアユ釣り解禁に向けて昨秋に孵化した稚鮎(4〜5cm)約290kgを放流した。1950年に始まった事業で、当日は会員14人が参加。鮎は6月までに最大約16cmの大きさに成長する。

 放射線検査が今年から解除されるなど、川の状態も昨年に比べ良好。2月14日にすでに天然物の鮎の遡上が確認されたという。また天敵といわれるカワウの対策として、市内6カ所に竹を沈め、ロケット花火を放つなど例年以上に強化を図る。

 また、同組合では夏までに880kgの鮎を放流していく予定。細川組合長は「今年は釣れます。昨年より大きいものを放って、いつでもどこでも釣れるような形をとりたい」と話した。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook