「食」のブランド化に関心 森町商工会が小田原を視察

経済

掲載号:2018年2月17日号

  • LINE
  • hatena
杏林亭を視察する森町商工会のメンバー
杏林亭を視察する森町商工会のメンバー

 静岡県森町商工会の山本充喜会長ら18人が2月7日、農商工連携事業の先進事例の視察を目的に、小田原市を訪れた。小田原では地元の伝統工芸品や地場産の食材などをテーマにした地域ブランドメニューの開発や店舗での販売・提供が行われていることから、「見て食べて、参考にしたい」と山本会長は意気込みを話した。

 はじめに、本町のういろうを訪れ、社長の外郎藤右衛門さんの案内で店舗や隣接する中華料理店の杏林亭などを見学した。

 森町の山名神社天王祭舞楽(国重要無形民俗文化財)の「蟷螂(とうろう)の舞」を伝えたのが室町時代に京都から小田原に移る途中の外郎家だったことから、外郎家と同町は文化交流を深めている。外郎社長は「森町は自然環境が豊かで、古いものを大事にされているまち。首都圏の人にとって癒しの場所になるのではないだろうか」と述べた。

 その後、栄町のそば処橋本と彩酒亭洞で「小田原どん」を、風祭の汐風カフェで「おだわらスイーツプレミアム」のメニューを実際に味わうなど、小田原の食の取り組みを目と舌で体験した。山本会長は「産業面での交流も深め、勉強したことを地域全体で盛り上げていけるよう頑張っていきたい」と展望を語った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

酒蔵新設にCF(クラウドファンディング)

結婚する2人に思い出を

結婚する2人に思い出を 社会

6月27日 入籍イベント

6月19日号

尊徳翁の教えを学ぶ

尊徳翁の教えを学ぶ 文化

6月26日 第2回実践報徳塾

6月19日号

箱根町に50万円寄付

箱根町に50万円寄付 社会

国際ソロプチミスト小田原

6月19日号

七夕飾りづくり

七夕飾りづくり 文化

6月24日 ミニイベント

6月19日号

Chocolates from Odawara may save people in Africa

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Chocolates from Odawara may save people in Africa 経済

6月19日号

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter