小田原版 掲載号:2018年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

想定浸水エリアが拡大 酒匂川ハザードマップを改訂

社会

新たに赤ラインで示された河岸浸食や氾濫流エリア
新たに赤ラインで示された河岸浸食や氾濫流エリア

 小田原市は酒匂川洪水ハザードマップの内容を改訂し、3月はじめから自治会に加入する65000世帯に配布したほか市防災対策課、タウンセンター、支所・連絡所などでも配っている。

 近年、想定を上回る豪雨が多発していることから水防法が改定された。洪水浸水想定区域の対象とする降雨が「河川整備の目標とする降雨」から「想定し得る最大規模の降雨」に変更。これを受け、神奈川県は昨年3月に酒匂川の洪水浸水想定の見直しを発表。酒匂川流域の日総雨量が355㎜から530㎜に変更された。

 2013年3月作成の改訂前のマップに比べ、総雨量の想定が引き上げられたことで、想定浸水エリアも広がっている。また家屋が倒壊するような「河岸侵食」が発生する恐れのある区域と、木造家屋が倒壊するような堤防決壊で「氾濫流」が発生するおそれがある区域が赤のラインで追加されたほか、駅や主要道路の表記も見やすくした。「わが家の危険度を知るフローチャート」や早期避難場所開設情報から避難指示(緊急)までのレベル別の避難行動をイラスト付きで示した「避難行動マニュアル」も記載されている。

 マップは小田原市のホームページでも確認できる。市防災対策課は「お住まいの地域から避難場所までの経路を書き込み、身近な場所に置いてほしい」を話している。
 

新しく作られたマップ
新しく作られたマップ

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外国人へ日本語指導

外国人へ日本語指導

ボランティア養成講座開催

7月1日~7月22日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク