小田原発祥「タピボン」展 清閑亭で12月10日まで

文化

掲載号:2018年12月1日号

  • LINE
  • hatena
タピボン手芸教室の様子
タピボン手芸教室の様子

 小田原生まれの毛糸刺繍『タピボン』の作品展が12月10日(月)まで、清閑亭(南町1の5の73)で開催されている。午前11時から午後4時まで(火曜休館)。入場無料。

 タピストリー(壁掛け)とフランス語のボン(良い)を合わせた造語で、敷物作りに最も適した手芸という意味の『タピボン』。戦後間もない頃、残り毛糸や古毛糸を使った手芸を城山に住んでいた山岸永枝さん(故人)が考案。専用の針に毛糸を通し布地にポツポツ刺していく易しい技法と絨毯のような仕上がりが世代を問わず人気を集め、1954年の手工芸美術展で通産大臣賞を受賞すると、広く全国に知られるようになった。現在は永枝さんの孫の山岸万里子さんが主宰となり、永枝さんの弟子の齋藤良子さんとともに継承している。

 作品展では、現在タピボン手芸を学んでいる人たちの作品のほか、山岸永枝さんが作った初期の作品も展示。期間中には「タピボンコースター制作ワークショップ」も開かれる。1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)の各日午後1時30分から3時まで。体験の申し込み、問い合わせは清閑亭【電話】0465・22・2834へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook