ホームレスへの先入観払拭 酒匂中全校道徳 「自尊感情」も大切

教育

掲載号:2018年12月22日号

  • LINE
  • hatena
講演をした北村さん(主催者提供)
講演をした北村さん(主催者提供)

 酒匂中学校(長峯信哉校長/生徒数482人)の全校生徒を対象とした「全校道徳」(酒匂中学校区青少年健全育成協議会主催)が11月29日、同校体育館で行われ、(一社)ホームレス問題の授業づくり全国ネット(通称:HCネット)代表理事でルポライターの北村年子さんが登壇した。

 生徒は事前にHCネットが製作した教材用DVD『「ホームレス」と出会う子どもたち』を鑑賞して当日を迎えた。小田原市内でも見かけるホームレスをその容姿から「怠けている」や「仕事をしない」などの先入観で見てしまうこともあるが、全てがそういうわけではないと北村さんは説明。かつては一生懸命働いていたが、自分ではどうしようもない不運や心の病を抱えて、今ホームレスになっている人たちもいることを紹介した。

 講演後に海辺にいたホームレスに勇気を出して声をかけたという同校生徒会の高田美羽さん(1年)は「話しかけるのは怖かったけど、立場は違っても私たちと同じ人間が同じ世界で生きているんだなと感じました」と講演をきっかけに考え方が変わったという。

 ホームレスの話のあとに、自分をほめたり、認めるという「自尊感情」の大切さと周囲への関心も北村さんは紹介。今までの自分の行いを振り返ったという生徒会長の鴛海萌さん(2年)は「周りの人に対してもっと違う話し方、接し方ができたんじゃないかって思いました。『頑張れ』はいい言葉だけど、それを言われてつらい人もいる。これからを考えさせてもらえた内容で、聞けてよかったです」と答えた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook