早雲公顕彰五百年事業 光り輝く天守閣  来年9月 世界大会

文化

掲載号:2018年12月22日号

  • LINE
  • hatena
世界大会のプロジェクションマッピング作品(過去・実行委員会提供)
世界大会のプロジェクションマッピング作品(過去・実行委員会提供)

 小田原城開府、北条早雲没後のそれぞれ500年に合わせ今年と来年に顕彰事業を展開する「北条早雲公顕彰五百年事業実行委員会」が来年9月、小田原城本丸広場で「プロジェクションマッピング世界大会」を開催する。

 顕彰事業のメイン事業で、企画協力は一般財団法人プロジェクションマッピング協会(東京都)。2011年に発足し、12年から毎年国内で世界大会を開催。今年行われたハウステンボス(長崎県)での大会は86日間で10万人を動員した。

 第8回となる小田原大会は9月20日(金)〜23日(月・祝)の4日間で、約5万人の来場を見込む。大会名は「1minute projection mapping in ODAWARA」。国内外から募集する1作品1分〜1分59秒の映像を天守閣に映し出す。作品数は130本程度を想定。入場無料で、一部は有料観覧席も設ける予定だという。

 同実行委員会では「夜の開催なので、飲食を含め小田原の街のにぎわいにつながることも期待している」と話している。

 問い合わせは小田原市観光協会【電話】0465・22・5002へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook