自然と人に触れる NPOこころみが芋掘り

教育

掲載号:2019年7月20日号

  • LINE
  • hatena
土から芋を掘り出し見つめる子ども
土から芋を掘り出し見つめる子ども

 「大きいお芋がとれた」「ミミズがいる」と子どもたちが声を上げる。

 NPO法人こころみ(益田麻衣子理事長)によるジャガイモ掘りが7月15日、小田原市水之尾の畑で行われ、親子連れなど約40人が参加した。

 同NPOは、市PTA連絡協議会のOB・OGらが「親子で楽しめる居場所作り」などを目的に、昨年11月に発足。この日に収穫したジャガイモは、活動のひとつとして4月に植え付けたものだ。

 妻と2人の子ども(4歳と1歳)と参加した小清水俊介さん(35)は「自然と触れ合う良い機会。子どもたちも楽しそうでした」と笑顔を見せた。芋掘りの後はバーベキューが行われ、掘りたての芋を使ったじゃがバターやポテトチップも振る舞われた。

 益田理事長は「別の学校の子どもたちや、親同士の交流にも繋がっていけばいいですね」と思いを話した。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

販促・記念グッズに

オリジナルエコバッグ

販促・記念グッズに 文化

もらってうれしい実用品

4月10日号

優秀選手に杉山さん

相模原市スポーツ協会

優秀選手に杉山さん スポーツ

やり投で好成績

4月10日号

解き明かせ 北条氏の秘密

解き明かせ 北条氏の秘密 文化

小田原で謎解きゲーム

4月10日号

雄大な一本桜、今年も

芦ノ湖箱根園

雄大な一本桜、今年も 文化

満開は4月中旬

4月10日号

地域への思い込めた日本酒

井上酒造かなごて

地域への思い込めた日本酒 経済

新商品「推譲」 4月1日発売

4月10日号

北条五代の100年語る

松沢前知事

北条五代の100年語る 政治

新著出版で講演会

4月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter