自然と人に触れる NPOこころみが芋掘り

教育

掲載号:2019年7月20日号

  • LINE
  • hatena
土から芋を掘り出し見つめる子ども
土から芋を掘り出し見つめる子ども

 「大きいお芋がとれた」「ミミズがいる」と子どもたちが声を上げる。

 NPO法人こころみ(益田麻衣子理事長)によるジャガイモ掘りが7月15日、小田原市水之尾の畑で行われ、親子連れなど約40人が参加した。

 同NPOは、市PTA連絡協議会のOB・OGらが「親子で楽しめる居場所作り」などを目的に、昨年11月に発足。この日に収穫したジャガイモは、活動のひとつとして4月に植え付けたものだ。

 妻と2人の子ども(4歳と1歳)と参加した小清水俊介さん(35)は「自然と触れ合う良い機会。子どもたちも楽しそうでした」と笑顔を見せた。芋掘りの後はバーベキューが行われ、掘りたての芋を使ったじゃがバターやポテトチップも振る舞われた。

 益田理事長は「別の学校の子どもたちや、親同士の交流にも繋がっていけばいいですね」と思いを話した。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メダカの里親募集

メダカの里親募集 文化

27日 締め切り

5月21日号

小学生が茶摘み体験

小学生が茶摘み体験 教育

湯河原町の3校140人

5月21日号

8年ぶり県制覇で関東へ

旭丘高相撲部

8年ぶり県制覇で関東へ スポーツ

個人戦は3階級で優勝

5月21日号

時計の下に集合

時計の下に集合 経済

松風LCが35周年で寄贈

5月21日号

みんなでドンドコ祭り

みんなでドンドコ祭り 社会

5月29日 ブレンドパークで

5月21日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook