盛り上がる若手の力 地元企業から50人が研修

経済

掲載号:2019年8月3日号

  • LINE
  • hatena
熱の入った発表が繰り広げられた
熱の入った発表が繰り広げられた

 小田原箱根商工会議所と野村證券(株)小田原支店が共催する入社2、3年目の若手社員のための1日研修会「小田原・箱根 超若手会議」が7月24日に行われ、地域の25の企業から50人が参加した。

 グループワークを通し、「自分は誰のために、何のために働くのか」「会社、地域のために何ができるか」を深め合った。また、名古屋大学の池上浩一客員教授が世界から見た日本のビジネスチャンスについて講演。鈴廣かまぼこの櫻井もも子さん(27)は「投資家の視点から小田原をみる、初めての経験。私も仕事をする上で視野を広げていきたい」と感想を話した。

 最後には、参加企業の経営者の前で9つのグループごとに発表が行われた。「小田原のブランド化」や「インバウンド」、「移住」、「金融リテラシーの向上」など、自らが決めたテーマについてビジョンと施策が発表された。

 鈴木悌介会頭は「6時間地域のことをひたすら考える機会はなかなかない。ここで出会った異業種の仲間たちと、さらに議論を深めていってほしい」と話した。野村證券(株)小田原支店の宮里洋介支店長は「地域を良くしようと、参加者同士どんどん盛り上がっていった。若い人たちの発想に気づかされたことも大きい」と研修を振り返った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook