地元凱旋で満員御礼 鬼太鼓座の木下さん

文化

掲載号:2019年10月26日号

  • LINE
  • hatena
気迫がこもる演奏で魅了した小田原市出身の木下さん
気迫がこもる演奏で魅了した小田原市出身の木下さん

 プロ和太鼓集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」が10月22日、小田原市民会館で公演を行った。座員の木下直人さん(31)が小田原市出身ということもあり、約1100席の会場は地元ファンらで満員となった。

 入座7年目で果たした初の凱旋ステージ。会場には「おかえり直人」「木下直人さんがんばれ!」といった横断幕が掲げられ、フィナーレの座員紹介では会場からひときわ大きな拍手が送られた。今回の実行委員を務めた木下さんは、「自分も鬼太鼓座の活動に感動しているファンの一人。だからこそ地元の人に見てほしくて企画した」と話す。

 木下さんの母・和子さんが職場の同僚だったことで鬼太鼓座を知ったという山北町の仁村成子さん(78)。公演の鑑賞は4回目で、「病を患っているけれど、魂を揺さぶるような演奏に『やるぞ』という気持ちにさせてもらえる」と話した。



 鬼太鼓座は1969年に新潟県佐渡島で創立。コンサート形式で和太鼓を演奏するスタイルを確立させ、来年に50周年を迎える現在は年間約80の公演をこなし、活動の場を海外にも広げている。

 埼玉県東秩父村の廃校を利用した合宿所で、座員と共同生活を送る木下さん。10Kmのランニングに始まり、1日約5時間の練習や集中力を高める写経も毎日こなす。練習の厳しさを物語るのは、メニューに筋力トレーニングはないにも関わらず筋骨隆々とした身体だ。

 活動の原点は相洋高校和太鼓部。卒業後も積極的に助け合おうとする雰囲気が素晴らしいと語り、「顧問の小林悟先生が築いた人間関係あってこそ」と感謝する。「和太鼓は自身を成長させる場」とし、今後も厳しい練習に耐え抜く覚悟だ。

横断幕で歓迎する会場
横断幕で歓迎する会場

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

技を未来へ、木工アート展示

三の丸ホール

技を未来へ、木工アート展示 文化

9人の若手職人が制作

9月25日号

強羅で秋のおもてなし

強羅で秋のおもてなし 社会

月見団子とススキ飾る

9月25日号

箱根に 頼れる「山の神」

箱根に 頼れる「山の神」 社会

宮城野駐在所 高野陽丞さん

9月25日号

騙しの電話 多いのは何時?

数字で見る 詐欺と事故

騙しの電話 多いのは何時? 社会

9月25日号

「特殊詐欺 絶対に許さない」

「特殊詐欺 絶対に許さない」 社会

野崎剛志署長インタビュー

9月25日号

原監督に学ぶ人材育成

原監督に学ぶ人材育成 スポーツ

10月3日 三の丸ホールで

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook