生きるよろこび鮮やかに 重度障害者のアート展

文化

掲載号:2020年2月8日号

  • LINE
  • hatena

 重度障害がある人たちのアート作品展「生きるよろこび」が1月17日から24日、小田原地下街ハルネ小田原で行われた。色鮮やかな作品の数々は、20回のワークショップを通じて2歳から60代まで延べ100人が手掛けた。作者たちも会場を訪れ楽しんだ=写真。

 企画したNPO法人アール・ド・ヴィーヴルの萩原美由紀理事長は「生き生きと表現できる場をこれからもつくりたい」と話した。同法人は来年4月に小田原市久野で重度障害者生活介護施設の開所を予定。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

移転・改称し敷地も拡大

国府津駅前郵便局

移転・改称し敷地も拡大 社会

建物のバリアフリー化も

3月28日号

特殊詐欺を未然に防止

特殊詐欺を未然に防止 社会

静中小田原支店に感謝状

3月28日号

新たに2店舗を認定

箱根町

新たに2店舗を認定 経済

景観まちづくり協力店

3月28日号

50年来の縁で寄贈

50年来の縁で寄贈 社会

潮音寺からフードバンクへ

3月28日号

ケーブルカー、運行を再開

ケーブルカー、運行を再開 社会

強羅駅─早雲山駅

3月28日号

「シンプルな葬儀」専門施設

西湘地区で唯一

「シンプルな葬儀」専門施設 文化

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク