ご当地商品を特売 観光土産の卸売で

経済

掲載号:2020年5月9日号

  • LINE
  • hatena
どれでも3つで1,000円
どれでも3つで1,000円

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い外出自粛が続き、観光土産を取り扱う業界でも販路が限定されている。

 小田原市の(有)野澤作蔵商店(浜町3の1の47)は、春の観光シーズンに向けて、例年通り商品の製造や仕入れを増やしていた。しかし2月後半から観光客が減り、ホテルや土産物店が相次いで休業。大量の在庫を抱えることとなった。

 そこで、近所の子どもたちや、保育園、放課後児童クラブに土産物のお菓子を無料で配布。「学校に行けず、遊びにも行けないので、少しでも楽しんでもらえたら」と、野澤尚和社長は思いを話した。

 同店では5月9日(土)、10日(日)、人気の片浦レモンチョコレートや小田原みかんドロップ、瓦せんべいなどのご当地品を、どれでも3つで特別価格1000円で販売する。「母の日のプレゼントにも、お役に立てたら」と野澤社長。消毒液の設置、入店の際に間隔を空けるなど、対策を講じている。問い合わせは同店【電話】0465・22・6503へ。

限定ワゴンセール

 観光土産の製造卸を手掛ける(有)谷和(鬼柳172の13)も同様だ。例年は観光シーズンとして盛り上がる時期だが、商品の販売数の減少だけでなく、コロナ感染拡大防止への対応として営業日数の縮小などもあり「影響は大きい」という。

 会社には応援する声も届いており、これに応えようと社屋で日数限定のワゴンセールを実施している。次回は5月15日(金)、16日(土)の午前9時から午後4時。お菓子、漬物ほかを定価の半額で販売する予定(状況により変更の場合あり)。来場者の間隔を空けるなどの対策もとる。「普段あまり見ない商品もございます。よろしければ購入をお願いします」と話している。問い合わせは同店【電話】0465・37・5678へ。

谷和の販売品の一例
谷和の販売品の一例

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook