生(き)なる作品たちに出会う アール・ド・ヴィーヴル展

文化

掲載号:2021年9月18日号

  • LINE
  • hatena
野々村聡眞さんの作品
野々村聡眞さんの作品

 アール・ド・ヴィーヴル展「自分らしく生きる12」が9月22日(水)から27日(月)、ダイナシティウエスト4階のギャラリーNEW新九郎で開催される。小田原市久野の障害福祉サービス事業所・認定NPO法人アール・ド・ヴィーヴルのメンバーと、アートワークショップの参加者が創作した200作品が展示販売される。

 アートディレクターを務める中津川浩章さんは「生(き)なる現在進行形のドキュメント。メンバーたちの今、ここに生きている痕跡がダイレクトに表現されています」と話す。同法人理事長の萩原美由紀さんは「内なる想いが表現された作品は、観る人の心をノックすることでしょう」と呼び掛けている。

 時間は午前10時〜午後6時(27日は4時)。入場無料。また、23日(木・祝)の午後2時からは、中津川さん、萩原さん、メンバーらのギャラリートークが行われる。定員は先着35人。予約不要。(問)同法人【電話】0465・25・4534

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook