湯河原町 補助拡充で設備設置促進 住宅用スマートエネルギー

社会

掲載号:2021年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 湯河原町は10月1日から、住宅にスマートエネルギー設備を設置する町民を対象に、設置費用の一部を補助する制度を開始した。町によると、2016年度までは太陽光発電の設備設置を補助してきたが、今回、補助制度を拡充したという。

 対象設備は太陽光発電システムのほか、家庭で使う電気を節約するための管理システム「HEMS」、定置用リチウムイオン蓄電池、電気自動車などの蓄電池に太陽光で発電した電気を充電し、夜間などに住宅に供給するための「V2H」機器。補助金額は、例えば太陽光発電システム設置の場合、1kWあたり15000円(上限52000円)。

 県内の他の市町でも太陽光発電などへの補助制度が実施されている中、国が昨年、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を宣言したことを背景に、湯河原町も補助制度の拡充を検討してきた。町は「補助を受けるには事前の届け出が必要となるため、設備を設置する前に町環境課に相談してほしい」としている。申請方法などの詳細は同町HP、または町役場環境課【電話】0465・63・2111(内線552〜553)で確認を。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook