神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2023年1月1日 エリアトップへ

意見広告 新しい年を迎えて想うこと なんつッ亭大将 古谷一郎

公開:2023年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 新しい年を迎えて、お正月をのんびりと過ごす方、それとは逆にのんびりする時間などなくご家族や大切な方のために仕事に精を出している方もいらっしゃると思います。一年の計は元旦にありと言いますが、みなさんは新しい年をどのように過ごしたいとお考えですか?みなさんそれぞれの夢や希望や目標が叶うことを心よりお祈り申し上げます。

自浄作用のない今の日本の姿 

 さて、旧年を振り返ると、個人的には仕事もプライベートも充実していました。しかし、一方で世の中のことを振り返ってみると、医学的科学的根拠のない、完全に論理破綻したコロナ対策が意味もなく引き延ばされ、国民の生活を疲弊させています。そんな中、ロシアvsウクライナにおいて中立の立場であるべき日本が、一方的にウクライナ支援に回り、エネルギーや食料の問題が加速。ロシアへの制裁のはずが逆に日本国民の生活を苦しめるようになり、それは今も続いています。その他にも、安倍元首相が凶弾に倒れる、五輪疑惑では逮捕者が出る、コロナの予備費として計上した12兆円もの税金の行方が分からなくなる...と僕らの愛すべき日本は、残念ながら全く自浄作用が働かなくなっています。非常に残念ですが、立憲主義に基づく民主主義、法治国家、そして先進国とはとても言い難く、日本が三流国家への道を転がり落ちて行くのを見ているようでした。

東京五輪の疑惑が象徴するもの 

 その原因は一体何なのでしょうか?これはあくまでラーメン屋である僕の個人的な意見です。一部の方からは生意気だと一蹴されてしまうかも知れませんし、元旦に相応しくない内容だと怒られるかもしれません。でも、あえてこの元旦に、皆さんがこれまでずっと見て見ぬフリをしてきた問題について書かせていただきたいと思います。

 五輪疑惑が分かりやすい例だと思います。当初はコンパクトオリンピックを謳っていましたが、開催が決まった途端に予算は莫大に膨れ上がり、オリンピック史上最高額での開催となった事を覚えている方もいらっしゃると思います。アスリートのためというのも単なるお題目に過ぎません。国民の生活は長引くコロナ禍で疲弊しているのに、大手広告代理店・スポンサー企業・メディア等の一部の企業に、みなさんから搾り取った税金を湯水のごとく使う。特定の企業や団体に利益を誘導するような中抜き利権政治そのものの構図こそ、日本を蝕む最大の原因ではないでしょうか?

中抜き利権政治は地域にも蔓延 

 この問題は何もオリンピックだけの問題ではありません。全ての業界、会社組織、団体や協会に共通する構図です。そして、これは国レベルの話ではなく、大小問わず全ての地域に共通して蔓延する問題であり、この街秦野も例外ではありません。特定の企業や団体だけが利益を得ている事実は、決して目を逸らしてはならない重大な問題で、これこそが日本はもちろん地域が発展しない最大の原因だと思っています。

ほんの一握りの重鎮に周囲が忖度する日本

 残念ながら、どの業界や団体も、お金や権力を手放せない、一般社会では到底受け入れられないような哀れな人が君臨し、そのワガママに何故か周囲は忖度を続けています。たとえ、公平性や透明性に欠ける利己的な主張であっても、その重鎮と呼ばれて喜んでいるようなほんの一握りの人のワガママを押し通すために、多くの人が忖度を続けて突っ走るのです。その結果、市民が苦しむことになろうともお構いなしなのです。そして、主権者であるはずの市民さえもが、そんなデタラメに対して『政治は綺麗事ではないから』などと言って擁護し、黙認を続けているのが現状です。

無責任な人間にはなりたくない! 

 でも、こんなデタラメな政治を容認し続けてきたのは、他でもなく、主権者である僕たち国民ですよね?政治はプロに任せておけば良い、素人は政治に口を出すものじゃない、どうせ誰がやっても結果は同じ、このご時世だから仕方ない、これらは、自分の頭で考えることをやめてしまった人間がよく口にする、僕が一番嫌いな言葉です。みなさんは本当にこのままで良いのですか?大多数の国民のために働くのではなく、ほんの一部の哀れで銭ゲバのような声だけが大きい重鎮と呼ばれる人や、その人にかかわりのある特定の企業のために、大切な税金を使って利益誘導するような政党や政治家を選び続けるのは何故ですか?子どもたちに選挙権はありません。その子どもたちに恥ずかしくない選択を、大人たちは自信を持ってしていると、子どもたちの目を真っ直ぐ見て、胸を張って言う事が出来ますか?このままでは、無限の可能性を秘めている子どもたちや若者たちの未来を間接的に潰してしまうと危惧しています。

 誰に批判されようともバカにされようとも、僕はそんな無責任な人間にはなりたくないのです。自分の息子はもちろんのこと、ラーメン屋の若いスタッフ、子どもや若者たちに今のデタラメで狂った状況のままでバトンを渡したくないのです。自分の息子やスタッフに、汚い世の中だからズル賢く生きろ、長い物には巻かれろ、信念を捨てて見ざる言わざる聞かざるを貫け、などとは口が裂けても言いたくないのです。それよりも、自分の信念を貫き、ダメなものにはダメと、おかしな事にはおかしいと、胸を張って言える人間になって欲しいと心から言いたいのです。

国政においては与党も野党も期待できない

 仮に、一人の候補者や政治家にスポットを当てるなら、そんなに悪い人間はいないと思います。でも、その者がどの政党に所属しているかは大変重要になってくると思います。保守を名乗る日本最大最強の自民党の劣化はとどまる所を知りません。本気で与党になることなど微塵も考えていない、単なる烏合の衆に成り下がってしまった野党の力不足を良い事に、消去法でしか選ばれることのない利権集団と化した自民党に自浄作用など期待出来るはずもありません。中抜き政治を加速させ、疲弊しきっている多くの国民の生活をさらに追い込むような事を平然とやっているのです。岸田さんがダメだから河野さんや高市さんを!などという声を耳にすることもありますが、所属する政党が同じならば、根っこが同じなのですから変わる訳がないと、何度同じ事を繰り返せば気付くのでしょうか?これまで、政党のお墨付きや街の重鎮の薦める候補者や政治家が、大多数のみなさんのために働いた事が一度でもあったのでしょうか?アイツは言う事を聞かなくてダメだから次はコイツを頼むぞと、何度も同じ事を繰り返してきた。その結果が、一般社会では全く通用しないような厚顔無恥な議員や、税金を食い物にするしか能のない哀れな人を、いつまでも蔓延らせる最大の原因ではないのでしょうか?

秦野を公平で透明性ある街にしたい

 今の日本の政治を変えるのは至難の業だと思います。でもせめて、地元秦野くらいは不正を許さず、公平性や透明性のある街にしたいものです。そのためには、地域に政党の都合を押し付けるような、また国や県で決まった事をそのまま伝達するだけのような政治家に、主権者たる僕たちがNOを突きつけなければなりませんよね?旧年中は、政治とカルト宗教との選挙協力等の問題が取り上げられていましたが、これは何も特定の宗教団体だけに言えることではないと考えています。働いている会社や所属している団体、または支持している政党からの指示にただ従うだけで、自分の頭で考えられなくなっているのであれば、カルト宗教の信者と何が違うと言えるのでしょうか?いつまで周りを気にして、上からの無謀な指示に従い、デタラメで狂った世の中を容認し続けるのですか?

こんな時代だからこそ「右向け左」の精神で

 これまでも、このタウンニュースの紙面を活用し、僕なりの警鐘を鳴らし、問題提起を続けてきたつもりです。「和をもって尊しとなす」という言葉がありますが、この日本人の精神論がこのようなデタラメの時代には逆効果になってしまうと感じています。問題提起をする者や、自分とは意見の違う者を小馬鹿にし、赤信号みんなで渡れば怖くない的思考で、大多数が行く方向に疑問すら抱かないで突き進むのはとても危険だと感じています。こんな時代だからこそ「右向け左」の精神で、誰かが声を上げ、一旦立ち止まらなければデタラメはさらに加速して取り返しがつかなくなってしまうのではないでしょうか?

市民の声と行動で誇らしい街秦野を取り戻す

 いつも書く事は同じようになってしまいますが、大切な事だと思うので、新年を迎えた元旦に改めて書かせていただきます。この街、この国の未来を創るのは、政党でも政治家でもなく、主権者であるみなさんの声と行動です。子どもや若者の輝かしい未来を創るのは僕たち主権者、大人の責務です。ズル賢い一部の人間が得をするのではなく、真面目に一生懸命頑張っている人が輝ける社会を創り上げるのが大人の仕事なのです。

 新しい年を迎えた元旦にこそ、秦野から腐敗をなくして、未来を担う子どもや若者、そして真面目に頑張っている多くの人が誇れる街にするスタートラインにしたいものです。腐敗したデタラメな世の中を容認し続けるのか、それとも正していくのかは、みなさんの考え次第だということ。

 そして、このおかしな世の中は、これまでの僕を含めた主権者が何もしてこなかった結果であるということを素直に認め、反省し、改善し、今年こそはみなさんの力で、時代遅れで役立たずの政治家にNOを突きつけ、笑顔の絶えない誇らしい秦野を取り戻しましょう!上っ面だけの政策や甘い言葉に惑わされず、根本的な部分を改善しなければ同じことを繰り返すだけです!

 あとは市民の声と行動だけなのです!世の中を変えるには、まず市民が変わらなければならないと、強く思うのです!

 みなさん元旦早々、僕の生意気な駄文にお付き合いくださりありがとうございました!

秦野から未来を創る会(古谷一郎事務所)

秦野市松原町1の4

TEL:0463-88-0735

https://ichiro16.jp/

株式会社関野建設

信頼と誠実をモットーに地域に愛されて100年以上。

https://www.sekino-group.jp/

秦野商工会議所

会員企業を広く紹介するサイト「はだのCCIナビ」をご覧ください。

https://www.hadano-cci.or.jp/

だるま商事(有)

地域密着、土地・建物・仲介販売

https://www.darumashouji.co.jp/

Naitoグループ

お気軽にご相談ください。

https://naito-sr.com/

有限会社 秦野サービス社

秦野市堀山下882の1

㈱稲元興業

土木一式請負工事・建材販売・残土受入れ なら 株式会社 稲元興業へ

http://inamotokougyou.com

はだの南レディスクリニック

土・日オープンの予約制のレディスクリニックです

http://www.hirai-ladies.jp

株式会社みどりや

『困った』を『良かった』にー。水道修理、リフォーム、塗装、LPガス販売など。

https://k-midoriya.com/

<PR>

秦野版の意見広告・議会報告最新6

ともにつくる秦野

議会報告 令和6年3月 第1回定例月会議

ともにつくる秦野

4月12日

創和会・市民クラブ 議会報告

秦野市議会会派

創和会・市民クラブ 議会報告

3月29日

国定公園の利活用促進と労働力不足解消へ取り組む

県政報告【3】

国定公園の利活用促進と労働力不足解消へ取り組む

神奈川県議会議員 谷かずお

3月15日

私たちの通学路や街づくりについて一緒に考えませんか?

意見広告

私たちの通学路や街づくりについて一緒に考えませんか?

秦野市議会議員 伊藤大輔

2月9日

出産のできる産婦人科医院の開院は市民力と職員力の合作である‼

市議会議員 吉村慶一 12月議会報告

出産のできる産婦人科医院の開院は市民力と職員力の合作である‼

1月5日

県民への医療提供体制の充実に取り組む

県政報告【2】

県民への医療提供体制の充実に取り組む

神奈川県議会議員 谷かずお

1月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月27日0:00更新

  • 10月20日0:00更新

  • 10月6日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook