バスケB1 サンダース

王座奪還へ新体制

掲載号:2017年9月8日号

  • googleplus
  • LINE
意気込みを語った(左から)デービス選手、小澤選手、荒木社長、北ヘッドコーチ、バンバ選手、篠山主将=31日
意気込みを語った(左から)デービス選手、小澤選手、荒木社長、北ヘッドコーチ、バンバ選手、篠山主将=31日

 プロバスケットボール男子「Bリーグ」1部の川崎ブレイブサンダースは8月31日、シーズン開幕に向け新体制発表会を東芝小向体育館(幸区)で開いた。

 チームを運営するTBLSサービス(株)の荒木雅己社長(58)は「5月のチャンピオンシップ決勝では、クラブとして育むべきものを学んだ。地元民に愛されるクラブを目指して、あらゆる手段で地域に根差した活動を展開していく」と強調。日本代表として今夏、アジアカップに出場した篠山竜青選手(29)は「チーム連携やシュート力、身体面で海外の選手に日本はまだ追いつけていない」と振り返り、4季目の主将として「経験や技術を若手に伝えて、チーム力向上につなげていきたい」と抱負を語った。

 メンバーは晴山ケビン選手(24)ら4選手が退団し、ジョシュ・デービス選手(26)=米国出身=と小澤智将選手(23)=福岡県=、ジュフ・バンバ選手(23)=セネガル=が新加入。川崎のホーム開幕戦は9月29日と30日、とどろきアリーナに名古屋を迎えて行われる。

  • googleplus
  • LINE

宮前区版のローカルニュース最新3件