宮前区版 エリアトップへ

2019年2月の記事一覧

  • 「お待たせしました!旬の不知火(デコポン)」

    大玉で爽やかな甘味が美味 モッチーのフルーツ王国

    「お待たせしました!旬の不知火(デコポン)」

    23日から直売開始、3月3日まで

     宮前梨の生産者としても知られる持田誠さんの果樹園「モッチーのフルーツ王国」で丹精込めて育てられた不知火(デコポン)が旬を迎えた。 23...(続きを読む)

    2月22日号

  • 初代王者は小5男子

    新C級グルメコンテスト

    初代王者は小5男子 社会

    野川の山田怜君に栄誉

     市内の地場産野菜・果物を使用した料理レシピを競う「かわさきC級グルメコンテスト」の2次審査会が2月16日、セレサモス宮前店のモスぴーホールで開かれた。...(続きを読む)

    2月22日号

  • フロンターレ開幕2戦

    フロンターレ開幕2戦

     川崎フロンターレはFC東京との伝統の一戦「多摩川クラシコ」での開幕を記念し、試合当日のフロンパークステージでは「OBトークラシコ」を開催。川崎フロン...(続きを読む)

    2月22日号

  • 保土ケ谷球場 緊急施設整備飯田の議会質問を受け

    『せいじのみかた』VOL.‌101

    保土ケ谷球場 緊急施設整備飯田の議会質問を受け

    神奈川県議会議員 飯田満

     1月25日号で掲載した「せいじのみかた」で決算特別委員会での論戦をお伝えしました。 保土ケ谷球場の室内練習場は、照明照度が低く、ボール...(続きを読む)

    2月22日号

  • 「住み慣れた家で自立して暮らす皆様の力に!」

    無理なく続ける ケアマネジャー

    「住み慣れた家で自立して暮らす皆様の力に!」

     福祉クラブ生協「オプティ宮前」では現在、介護保険利用者のためのケアプラン作成や地域の高齢者の介護相談等を担う、ケアマネジャーを募集している。...(続きを読む)

    2月22日号

  • 川崎、4年ぶりⅤ

    かながわ駅伝

    川崎、4年ぶりⅤ スポーツ

    橘高2選手 躍進支え

     県内19市11町の代表が集い、秦野市などで2月10日に行われた「かながわ駅伝」で4年ぶりの頂点に輝いた川崎市チーム。市立橘高校(中原区)からは福士陽都君(3年...(続きを読む)

    2月22日号

  • 「ANIMAMALL(アニマモール)」中原区にオープン

    市動物愛護センター

    「ANIMAMALL(アニマモール)」中原区にオープン

    日曜も開館、交流の場に

     川崎市動物愛護センターが高津区蟹ヶ谷から中原区上平間に移転し、「ANIMAMALLかわさき」の名称で2月12日にオープンした=写真上。初日には約80人が訪れ、...(続きを読む)

    2月22日号

  • 前人未到の4冠へ等々力2連戦で開幕だ

    川崎フロンターレ

    前人未到の4冠へ等々力2連戦で開幕だ

     2019年のサッカーJ1が開幕し、川崎フロンターレはホーム等々力陸上競技場であす23日(土)、FC東京と対戦(午後2時キックオフ)し、2節の3月1日(金)には...(続きを読む)

    2月22日号

  • 音楽と言葉で綴る実話の絵本の世界

    音楽と言葉で綴る実話の絵本の世界 文化

    読者2組4名を招待

     第2次世界大戦下のドイツを生きのびたある女性の物語を、音楽と言葉で綴るサロンコンサート『エリカ 奇跡のいのち』が、3月2日(土)に二子玉川駅徒歩3分のオーキッ...(続きを読む)

    2月22日号

  • 花粉シーズン到来

    花粉シーズン到来 社会

    取材協力/神奈川ひまわりクリニック

     神奈川ひまわりクリニックの小野龍太院長に話を聞くシリーズ。今回は花粉症について。 小野―先週、スギ花粉の飛散が東京都で確認されたという...(続きを読む)

    2月22日号

  • スーパー杯初V

    スーパー杯初V

    早くも川崎市民に感動

     今シーズンのサッカーの幕開けとなる富士ゼロックス・スーパーカップが今月16日、埼玉スタジアムで行われ、昨季J1王者の川崎フロンターレが天皇杯覇者の浦和を1対0...(続きを読む)

    2月22日号

  • 革新的巻き爪矯正で注目

    革新的巻き爪矯正で注目

    大好評の「ツメフラ法」

     巻き爪が痛くてお悩みの方、川崎市宮前平・鷺沼巻き爪矯正センターへ。 同院では、現役外科医が開発した「ツメフラ法」という、心臓手術にも使...(続きを読む)

    2月22日号

  • 人気落語家の慈善寄席

    人気落語家の慈善寄席 社会

    川崎いのちの電話主催

     自殺予防の電話相談を実施している社会福祉法人川崎いのちの電話が主催する「チャリティー寄席」が3月10日(日)、エポックなかはら(川崎市総合福祉センター=JR南...(続きを読む)

    2月22日号

  • 農あるまち考える機会

    農あるまち考える機会 経済

     「農あるまちづくり」を考える「農フォーラム」が3月9日(土)、宮前区役所4階で開かれる。午後1時〜3時半。参加無料で、現在参加者を募集している(先着100人)...(続きを読む)

    2月22日号

  • 影向寺の発展を願って

    影向寺の発展を願って 文化

    「重文・史跡保存会」が新年会

     「影向寺重文・史跡保存会」の新年会が2月11日、野川の同寺で行われた。 毎年多くの人が集う恒例行事として親しまれているこの催し。今年も...(続きを読む)

    2月22日号

  • 区境の安全守る

    宮前・高津区

    区境の安全守る 社会

    合同パトに130人

     高津区と宮前区が接する梶ヶ谷地域で2006年に発生した殺人事件を契機に始まった「高津区・宮前区合同防犯パトロール」が、今年も8日に実施された。...(続きを読む)

    2月22日号

  • 「有馬の霊泉」って?

    「有馬の霊泉」って? 文化

    3月2日、アリーノで講演

     有馬・野川生涯学習支援施設アリーノで3月2日、地元の人が講師となって講演する「土曜学校」が開かれる。午後1時30分〜3時。無料。定員先着40人。...(続きを読む)

    2月22日号

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    2月22日0:00更新

     異動により約4年4カ月担当した宮前区を離れることになった。この仕事の醍醐味である多くの人との出会いがあり、また街についても理解を深め、さらに愛着が湧いてきた今...(続きを読む)

    2月22日号

  • 「活動相関図」を作ろう

    「活動相関図」を作ろう 文化

    区民の繋がり学ぶ

     宮前区の「今」を学び、地域の居場所や繋がりを作り、新たな活動を生み出そうと「(仮称)宮前区の『希望のシナリオ』実現プロジェクト〜宮前区民ってどうつながってる?...(続きを読む)

    2月22日号

  • 10月から運賃値上げ

    市バス

    10月から運賃値上げ 社会

    10円増の220円、コスト増で

     川崎市は市バスの運賃を消費増税と同じ10月に値上げするとし、条例改正案を今月12日開会の市議会定例会に提出した。車両更新や安全器具の費用増加、燃料費の高騰など...(続きを読む)

    2月22日号

  • 全国初、女性採用から50年

    全国初、女性採用から50年 社会

    式典で初代職員ら語る

     川崎市で全国初の女性消防職員が誕生した1969年から今月で50年。これまで積み重ねてきた女性職員の経験や歴史を次世代に伝えようと、初代の女性消防職員らが今月1...(続きを読む)

    2月22日号

  • トラックが青色に

    等々力陸上競技場

    トラックが青色に スポーツ

    23日、川崎F戦でお披露目

     サッカーJ1・川崎フロンターレの本拠地、等々力陸上競技場のトラックがチームカラーの青色に染まる=イメージ図。同クラブの新体制発表会見で先月27日、福田紀彦市長...(続きを読む)

    2月22日号

  • チョン ソンリョンさん

    川崎フロンターレのGK(ゴールキーパー)としてプレーする

    チョン ソンリョンさん

    宮前区在住 34歳

    ファンの心もつかむ笑顔 ○…人懐っこい笑顔でファンに親しみやすさを感じさせる。決しておごることのない姿勢もあり、...(続きを読む)

    2月22日号

  • その声は明日からでも実施してほしい200円公共乗合いタクシー

    2月1日号について区民の皆様から問合せが有りました 意見広告宮前区の最優先政策200円乗合いタクシー

    その声は明日からでも実施してほしい200円公共乗合いタクシー

    外出(交通)弱者対策の必要性がひしひしと伝わりました

    第1章 4人に1人 左の表から、6年後、宮前区は4人に1人が65歳以上。65歳以上人口が7区中最多。外出弱者対策は待ったな...(続きを読む)

    2月15日号

  • 川崎市動物愛護センターが開所!〜愛称 ANIMAMALL(アニマモール) かわさき〜

    宮前ガバナンス2月号 連載寄稿

    川崎市動物愛護センターが開所!〜愛称 ANIMAMALL(アニマモール) かわさき〜

    川崎市議会議員 石田やすひろ

     我が家には2匹の愛犬がいます。家族同様に生活し、子どもは飼育を通じて、命の大切さを知る、良い機会となっています。ところが不運にも行くところもなく、飼い主に恵ま...(続きを読む)

    2月15日号

  • 「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る

    春期講習申込受付中

    「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る

    女性塾長ならではの指導で春休みに力をつけよう

     鷺沼で40年以上の実績を持つ私立中高一貫校生の英語・数学専門塾「タノクラアカデミー」が、春期講習の申込みを受付けている。 同塾は1クラ...(続きを読む)

    2月15日号

  • 元気なうちに考える高齢期の住み替え

    神奈川県住宅供給公社 主催セミナー 参加無料

    元気なうちに考える高齢期の住み替え

     65歳以上の人とその家族を対象として神奈川県住宅供給公社ではシニアライフセミナーを開催。高齢者住宅といえば、介護が必要となってから住み替えるイメージが強いが、...(続きを読む)

    2月15日号

  • 市方針に厳しい意見

    区役所移転案

    市方針に厳しい意見 社会

    3会場で説明会、440人

     鷺沼駅前再開発に伴い、宮前区役所、市民館・図書館を現地の宮前平から鷺沼駅前に移転する基本方針案を発表した川崎市は、9日と10日に市民説明会を開いた。区内3会場...(続きを読む)

    2月15日号

  • ジャズ聴いてお絵描き

    市パラアート事業

    ジャズ聴いてお絵描き 教育

    子どもたちがチャレンジ

     川崎市パラアート推進公募型事業『ジャズでアートチャレンジ教室』が、2日に宮前市民館で開かれ、40組ほどの親子らが参加した。 同教室は、...(続きを読む)

    2月15日号

  • 新C級グルメ審査会

    新C級グルメ審査会 社会

    16日 セレサモス宮前店

     「おいC、たのC、Communityづくり」の3つの「C」をテーマにした川崎市内産の野菜・果物を使ったオリジナル料理のレシピコンテスト「かわさきC級グルメコン...(続きを読む)

    2月15日号

あっとほーむデスク

  • 8月2日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク