さがみはら緑区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

9月8日にニュージーランドで行われたW杯スノーボード・ハーフパイプ第1戦で優勝した 戸塚 優斗さん 光明学園相模原高校1年 16歳

技磨き「五輪で勝つ」

 ○…「怖さは感じない」。ボードを巧みに操ってスピードに乗り、空中で次々と繰り出す技とその高さは世界を驚かせた。ワールドカップ(W杯)、スノーボード・ハーフパイプ第1戦で初優勝。帰国と同時にメディアの取材が殺到し、「注目されるのは嬉しいけれど、慣れていないので恥ずかしい」と苦笑い。スノボが大好きな高校1年の少年は、一躍時の人となった。

 〇…もともとスノボをしていた母に連れられ、富士山麓のスキー場「イエティ」に行った時のこと。転ばぬよう、犬のリードのごとく体を繋がれ繰り返し滑った。わずか3歳の記憶だが、その出会いは楽しい思い出として鮮明に焼き付いている。アイスホッケーにもチャレンジしていたが、才能を見込まれ小学3年時にはスノボのハーフパイプ一本に。「辞めたいと思ったことは一度もない」と一心に、岐阜県・高鷲のスキー場を拠点に練習を重ね、中学で全日本ジュニア選手権を2度優勝。今年3月には全日本選手権を制した。

 ○…雪上を離れれば穏やかな少年の顔に。好きな映画を鑑賞し、尾崎豊やレゲエ音楽を聴いてリラックスする。海外遠征中は料理も自前調達、カードゲームで炊事当番を決めるのだとか。「こないだは豚の角煮とキーマカレーでした」。大会中、現在の日本のハーフパイプ界をリードする憧れの存在・平野歩夢さんと同部屋だったことを「色々な話ができて親しくなれた」と嬉しそうに振り返った。

 ○…コースの状態が悪くても持ち前の滑りが出せる「対応力」が強みだ。今回の優勝で「平昌五輪に向け大きな一歩となった」とする一方で、「(五輪に)出場できたとしても、今のままでは勝てない」と冷静に分析。平昌開幕まで半年を切り、高さや技の精度をどこまで伸ばせるかが勝負という。続くW杯の連戦でまず代表の座を手にし、その上で「勝つ」ことにこだわっていく。「出るからにはやっぱり金を」と力強く語った。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

倉原 佳子(よしこ)さん

12月15日に杜のホールはしもとで行われるチャリティコンサートに出演するオペラ歌手の

倉原 佳子(よしこ)さん

12月14日号

小野 王海(たかみ)さん

第5回「いのちの授業」大賞で県知事賞を受賞した

小野 王海(たかみ)さん

12月7日号

三塚 康雄 さん

公益財団法人相模原市体育協会の会長にこのほど就任した

三塚 康雄 さん

11月30日号

八木 繁雄さん

今年、設立20周年を迎えた公益社団法人相模原市防災協会の理事長を務める

八木 繁雄さん

11月23日号

前田 誠一さん

相模原市の里親らで構成される「さがみの里親会」で会長を務める

前田 誠一さん

11月16日号

佐藤 貴浩さん

つくい湖湖上祭実行委員長として冬の一大イベントを盛り上げる

佐藤 貴浩さん

11月9日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク