厚木版 掲載号:2017年1月1日号

意見広告

ロボット活用で地域に力を

厚木市議会議員 奈良 握

奈良  握
奈良 握
 新年、心新たに厚木市が向かうべき道とは。

 昨年12月の議会で、さがみロボット産業特区に関連して質問しました。

 市長は、ロボット製品の研究や開発段階から中小企業をしっかり支援をすることなど、地域で連携できるように行政も支援する考えを示しました。

 「ロボットを活用した地域在宅高齢者支援サービス事業」には3年間で3千万円の国の補助金が獲得されています。地元の中小企業や大学関係者などによる、介護ロボットの検証など地域包括社会の実現を目指そうという取り組みが今注目をされています。

 厚木市にはパワーアシスト開発等専門性が高く実力もある企業や意欲のある技術系大学があり、適度な人口に支えられた市場もあります。高齢化社会に対応するロボット開発、ICTの活用は必要性も十分、集中した投資が期待されます。介護や医療を必要とする人が増える中で現場をサポートするロボットが現実になるでしょうか。

 また、さらに市長は「市民が利便性を享受できる、行政事務の効率化」「オープンデータの推進や情報セキュリティへの対応」にも触れましたが、今後どれだけ多くの産業に波及効果があるかや多くの市民が利益を享受できるかなどの課題解決も問われます。

 「ロボットと言えば厚木」「ロボットと言えばさがみ」と若者たちがこぞって集まるよう名をはせる事業に成長できるか。行政の思惑や型にはまった概念にとらわれずに、のびのびとトライしてもらえるよう期待します。

厚木市議会議員 奈良握

TEL:046-222-9379

http://d.hatena.ne.jp/niginigi3/ http://www.naranigiru.com/

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

南口再開発はじまる

活動報告

南口再開発はじまる

1月13日号

年末アンケート結果

約束実行!

活動報告

約束実行!

1月1日号

代表質問・テレビ放送

活動報告No.210

代表質問・テレビ放送

12月23日号

実現!来年1月厚木警察署建設着工へ

代表質問「満額回答」

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

いま「あつぎ婚」が熱い

いま「あつぎ婚」が熱い

市の婚活支援事業スタート

2月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/