厚木版 掲載号:2017年3月17日号

健康状態を気軽にチェック 社会

未病センター

常駐の保健師がアドバイス
常駐の保健師がアドバイス
 昨年4月、市保健センター内にオープンした「未病センターあつぎ」。3月から福祉センター(中町1の4の1)2階へと場所を移し、未病改善への取り組みを行っている。

 「未病」とは東洋医学における「病気ではないが健康でもない状態」のこと。県は2014年に「未病を治すかながわ宣言」を掲げ、食や運動、社会参加などのライフスタイルを見直し、健康を維持し、改善する取り組みに力を入れてきた。

 平日の午前9時から午後4時まで(正午から午後1時除く)、無料で体組成、血管年齢、骨健康度、血圧、脳年齢などがチェックできる同センター。昨年4月から今年2月末までの11カ月間で5441人が利用したという。男女比は1対3で、最も多い年齢層は60代(35%)。次いで70代(32%)、50代(12%)。常駐の保健師からアドバイスを受けられるのも魅力のひとつだ。

 健康づくり課の渡辺賢子課長は「健康寿命を上げることは、介護状態にもならないということ。月1回の健康チェックをおすすめしています」と話している。

 同センター4月の個別相談日は、保健師による健康相談が14日(金)・27日(木)の午後1時から4時。管理栄養士による栄養相談が19日(水)午前9時から正午。

厚木版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春バラ 4月下旬から

春バラ 4月下旬から

栗の里ローズガーデン

4月21日~6月30日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月28日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/