厚木版 掲載号:2017年4月14日号
  • googleplus
  • LINE

環境教育プログラム エコスクールの活動報告 小中学生が市長表敬

教育

グリーンフラッグの認証を受け、市役所を訪れた児童・生徒ら
グリーンフラッグの認証を受け、市役所を訪れた児童・生徒ら
 環境教育プログラム・エコスクールの活動に取組み、国際認証のグリーンフラッグを取得している市内小中学校5校の子どもたちが、4月10日に厚木市役所を訪れ、小林常良市長や曽田高治教育長と面会した。児童・生徒は各学校のこれまでの取組みや活動の課題を報告し合い、新年度の活動に向けて意気込みを語った。

 エコスクールは、デンマークで1994年に生まれた、幼稚園や保育園を含む学校での環境教育プログラムで、国際環境教育基金(FEE)が進めている活動。

 課題の決定から、調査・計画・実行など7つのステップを子どもたちが中心となり、教員や保護者、地域住民とともに活動を推進するもの。この体験を通じて、自分で考える力、未来を変える力を育むことをめざす。世界50以上の国と地域で、1千万人以上の児童・生徒が取組んでいる。

 6カ月以上取組みを継続し、FEEの審査を経て一定の基準を満たすと、国際認証である「グリーンフラッグ」が与えられる。原則2年で再認証の審査が必要になる。市環境政策課によると、国内では14校が認証を受け、そのうち6校が厚木市内の小中学校(保育所1施設含む)だという。

 昨年度は5校が審査を受け、七沢希望の丘初等学校と厚木中学校が初認証。相川小学校、戸田小学校、相川中学校が再認証された。

 この日は5校の児童・生徒と校長ら29人が市役所を訪問。七沢希望の丘初等学校は、野鳥が教室の窓ガラスなどにぶつかってしまう「バードストライク」を防ぐための活動を報告した。

 厚木中学校は、ボランティア活動部がベースになり、環境問題に取組む委員会を組織。傘立ての設置や女子の校章バッジの改善など主な活動を紹介し、「新たな課題にも取組んでいきたい」などと発表した。

 市は14年度策定の総合計画実施計画や環境基本計画の中で、エコスクールを重点取組みに位置付けている。同課によると、市の計画に位置付けられ、市として取組んでいる事例は厚木市だけだという。同課の担当者は「環境に対する意識を高めてもらうために、学校の活動をバックアップしていきたい」と話した。

厚木版のトップニュース最新6件

家族のイルミ今年も輝く

森の里若宮公園

家族のイルミ今年も輝く

12月8日号

説明会に住民ら20人

ヨーカドー跡地

説明会に住民ら20人

12月8日号

「口から食べる」を支援

東名厚木病院

「口から食べる」を支援

12月1日号

半分は分譲マンションに

ヨーカドー跡地

半分は分譲マンションに

12月1日号

新たな産業拠点創出へ

酒井地区

新たな産業拠点創出へ

11月24日号

コンビニスタッフお手柄

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク