厚木版 掲載号:2017年7月7日号

厚木市小中学校

全校にタブレット導入 教育

「教育の幅広げる」ツールに

手書き入力機能を使い、パンフレット制作をする児童たち
手書き入力機能を使い、パンフレット制作をする児童たち
 厚木市は今年度から、全ての市立小中学校36校に各40台、タブレット端末を導入した。児童や生徒の学習への関心・意欲を高め、学力の向上につなげることが主な目的。7月から本格的に授業などで活用されているという。

 タブレット端末の導入は、全国的に進む「教育の情報化」を市内でも推進しようとする「小中学校ICT(情報通信技術)化推進事業」の一環。同事業では、教職員用ノートパソコンやプロジェクターの増設など、教育環境の整備も行われている。今年度予算は、9776万1千円。

 市教育委員会によると、これまではパソコンが小学校に20台、中学校に40台ずつ設置され、使用は教室内に限られていた。今回のタブレット端末は、防水・防じん仕様のため屋外でも使用でき、動画撮影や手書き認識機能なども備わっている。教職員から全タブレット端末にメッセージなどの同時送信もできるため、複数の子どもとのコミュニケーションの円滑化も期待できるという。

 市教委は今後、教職員向けに端末の研修などを予定。効果的な授業ができるよう検討していくという。曽田高治教育長は「タブレットを使う事で、教員が今まで以上に教育活動を行う工夫の幅が広がり、子どもたちの学習意欲を活性化させ、ひいては学力向上につながるものと大いに期待しています」とコメントした。

分かりやすい授業各校で研究

 導入初年度である今年は、各校でタブレット端末を「教育の幅を広げるツール」として試行錯誤していく段階となる。依知南小学校(中川洋太校長)では、6年生が国語の授業でパンフレット制作にタブレット端末を活用。児童たちは、文字のデザインや写真の配置などを画面上で試し、活発に話し合いながら、パンフレット制作に取り組んでいた。児童らは「(タブレットは)あまり使ったことはなかった。手書きよりきれいに仕上げることができて、パンフレット作りは楽しかった」などと話した。

関連記事powered by weblio


厚木版のトップニュース最新6件

新庁舎建設に検討委発足

世界が認めた「VR赤ちゃん」

神奈川工科大4年生

世界が認めた「VR赤ちゃん」

7月21日号

糸満市とスポーツ交流

厚木市

糸満市とスポーツ交流

7月14日号

一人一人が輝ける学校に

厚木北高

一人一人が輝ける学校に

7月14日号

清水小全国へ

こども自転車大会

清水小全国へ

7月7日号

新部会を設立

厚木商工会議所

新部会を設立

6月30日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護知識を学ぼう

介護知識を学ぼう

参加者を募集中

8月25日~8月25日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/