厚木版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

病児保育 来年の3月開始 厚木市初の事業

教育

 子育てと就労の両立を支援するため厚木市では、2018年3月から病児保育事業を開始する。

 病児保育は、家庭で療養できる程度の子どもを対象に、医師が認めた上で通常保育が難しい期間、一時的に保育を行う。対象疾患は、消化不良など日常的なもの、喘息など慢性的なもの、骨折など外傷性疾患など。

 実施施設は、さつき病児保育室(中町4の9の14)で、18年2月開設予定の小規模保育施設マーガレット保育園に併設される。利用時間は午前8時30分から午後5時15分(土日祝除く)。

 対象は、市内在住又は市内の認可保育所などに在籍する6カ月から小学3年までの子。利用定員3人。看護師と保育士が1人常駐する。利用料金は1日2千円。

 問合せは市保育課【電話】046・225・2231へ。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

40周年イヤーの集大成

40周年イヤーの集大成

12月17日 厚木交響楽団が公演

12月17日~12月17日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク