横須賀版 掲載号:2016年11月18日号

株式会社マチノベ代表、市内に起業拠点「16 Startups」を開設した

相澤 謙一郎さん

走水出身 40歳

 地域の力 掘り起こす

 ○…「”地元で働く”が選択肢にある街にしたい」。このほど、市中心部に「16スタートアップス」を開設した。ベンチャー育成やシェアオフィスなど、その役割は多種多様。運営会社として仲間と立ち上げた「マチノベ」には、街の開拓・革新という想いを込める。

 ○…生まれ育った横須賀。「新しいことに挑戦したい」と踏み出したのが、いずれもこの街だった。大学に通う傍ら、地元の先輩とどぶ板でショットバーを経営。地域情報誌を発行する会社に就職してからも、夜7時には店を開ける2重生活をしていた。そんな中でふと思ったのが「意外と地元ことを知らない人が多い」という現実。横須賀での創刊を会社に直訴、責任者となり「市内のお店は全部まわった」。飲食業での経験を広告提案で発揮できたことも大きかった。市外でも成果を上げ、満を持して海外へ。「営業や媒体作りは面白かったが、法律や物流など多くの壁に悩まされた」。事業から退き、IT系企業に転職。「ゼロから始める」との決意も、「自分のベースに横須賀があったから」と振り返る。

 ○…起業支援に手厚かった岐阜県でアプリ開発会社を立ち上げた。力を入れたのは「地元で働くという枠組みを作ること」。高校生にプログラミング指導を行うなど、独自の仕掛けで地域に根付き始めている。そんな折、耳にした”わが街”の人口流失のニュース。「雇用と人材育成に一役立てれば」と汐入町の谷戸にオフィスを開設。昨年設立した「ヨコスカバレー」にも名を連ねる。

 ○…都内の自宅から全国を飛び回る日々に「各地の赤提灯での一杯が楽しみ」。週末は2人の子どもを呼び寄せ、横須賀で過ごす。海を見ながら育った経験は、閉塞感を感じることもあったが、唯一無二のもの。今、考えているのは農・漁業とITのコラボ。「来年あたり、農業をやっているかもしれません」。地域を耕すアイデアは尽きないようだ。

横須賀版の人物風土記最新6件

則竹 栄子さん

「佐島観光親善大使」を自ら名乗って活動する

則竹 栄子さん

3月17日号

鈴木 波央子さん

全国大会に出場する私立緑ヶ丘女子高校新体操部の顧問を務める

鈴木 波央子さん

3月10日号

ストラーン 久美子さん

アマチュア写真家として「土門拳文化賞」を受賞した

ストラーン 久美子さん

3月3日号

山田 望美さん

ソプラノ歌手として活動する

山田 望美さん

2月24日号

永井 宗直さん

満願寺住職で「禅の坊さんもぼやく。そして学ぶ。」を上梓した

永井 宗直さん

2月17日号

立谷 央麗(ひさり)さん

全日本高校デザイン・イラスト展で経済産業大臣賞(全国2位)を受賞した

立谷 央麗(ひさり)さん

2月10日号

チケット発売中

稀勢の里 19年ぶり日本人横綱誕生!

http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=1173

<PR>

関連記事(ベータ版)

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/