横須賀版 掲載号:2017年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

DJとして、まちおこしイベントの企画に携わった仲山 慶さん大滝町在住 36歳

平日酒屋、週末DJ

 ○…歩行者天国となった千日通りの一角。ご当地グルメに酒、古着や古本を求める老若男女でごった返していた。その中心「酒のデパート ヒトモト」の店先に設置されたDJブース。そこから流れる軽快な音楽に、道行く人が吸い寄せられる。皆、体を揺らしながらその心地よい空間に酔いしれていた。「笑顔があふれた楽しい時間になった」と喜んだ。

 ○…高校まで水泳一筋だった青年にDJを志すきっかけを与えたのは、先輩に連れられていったクラブ。DJがかける音楽を、その場にいた人たちが大合唱している姿を見て「衝撃だった。これだけ人を盛り上げるDJという仕事に魅かれた」。すぐに機材を揃え、練習を始開始。ネットが全く普及していない時代。深夜ラジオにかじりつき、良いと思った曲があればすぐに買いに行く毎日を送った。そして2007年にCDを出し、同年にフジロックにも出演した。「体が震えた」と当時を思い出す。

 ○…DJという職業に着目されがちだが「メーンは酒屋なんです」とはにかむ。酒屋の息子として生まれ、純粋に酒が好きだ。大学を出てすぐに都内の百貨店で酒を売る仕事に就いた。その後、実家を継ぐために帰郷。物心ついた時から親や祖父母が働く背中を見てきただけに継がないという選択肢はなかったという。平日は酒屋、週末はDJ―。「周りの目を気にすることもあったが、中途半端にできない」と、”本気で”2足のわらじを履く。今回のイベントで店先にブースを設置したのも、DJとしての仕事に誇りを持っているからこそだ。

 ○…2つの共通点は「人をつなげる力」。2年ほど前から市内の飲食店を借りて、音楽と日本酒を融合させた催しを手掛ける。「心を解放させ、コミュニケーションの後押しをしてくれる」。イベントの度に実感する。「これからも酒と音楽をつなげる機会を作っていきたい」と意気込んだ。

横須賀版の人物風土記最新6件

本多 久男さん

鷹取山自然観察会の世話人代表で、2冊のガイド本を作成した

本多 久男さん

11月3日号

塚原 小太郎さん

今月29日の「横須賀トモダチジャズ2017」に出演する

塚原 小太郎さん

10月27日号

阿部 志郎さん

県立保健福祉大学の初代学長で、50年間にわたり福祉の現場と教育に尽力したパイオニア

阿部 志郎さん

10月20日号

富澤 喜美枝さん

横須賀建築探偵団の代表で今月14日、「万代会館を寿ぐ」と題した催しを行う

富澤 喜美枝さん

10月13日号

渡邊 達徳さん

今月7日、ヨコスカ・ベイサイド・ポケットでソロリサイタルを催す

渡邊 達徳さん

10月6日号

大澤 貴行さん

VRの伝道師として市内初のVRカフェをプロデュースする

大澤 貴行さん

9月29日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク