都筑区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

駅弁5社が社会貢献 旅の思い出味わって

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
美味しい弁当に会話も弾んだ
美味しい弁当に会話も弾んだ

 4月10日の『駅弁の日』にちなみ、(一社)日本鉄道構内営業中央会加盟の駅弁業者5社が川和地区の高齢者などに駅弁150食を振る舞った。

 これは、弁当の『弁』の文字が数字の4と十で成り立っていること、『当』が『とう』と読むことから始まったもの。県ゆかりの崎陽軒、大船軒、東華軒と祇園(伊東)、万葉軒(千葉)の5社による社会貢献事業として、地域の高齢者に「駅弁を食べて旅の気分を味わってもらいたい」と、15年以上にわたり実施している。

 この日、各社から寄せられた弁当は全部で8種。シウマイ弁当や鯵の押鮨など、馴染みのある駅弁が配られた。(株)祇園の守谷匡司社長は来場者を前に「駅弁は100年以上の歴史と旅の思い出が詰まっています。ご堪能ください」と声を掛けた。

 シウマイ弁当を味わった川和町婦人会の鴨野玲子さん(83)は「大勢の人たちと駅弁が食べられてとても嬉しい。感謝です」と笑みがこぼれていた。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

市道の環境改善に寄与

美里橋サークルが実践賞

市道の環境改善に寄与 社会

4月2日号

白い花に豊作の願い込め

白い花に豊作の願い込め 社会

浜なし授粉作業到来

4月2日号

都筑の「桜」で一息を

都筑の「桜」で一息を 文化

散策後は人気パン屋へ

4月2日号

横浜市にとっての生命線

横浜北西線開通 林文子市長

横浜市にとっての生命線 社会

市内経済活性化に期待

3月21日号

「災害時の有効な道に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 山崎製パン横浜第二工場

「災害時の有効な道に」 経済

佐々木執行役員工場長

3月21日号

「市内の移動、便利に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 シュタットシンケン

「市内の移動、便利に」 経済

現代の名工 中山一郎さん

3月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク