都筑区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

マークで障害の発信を つづきチャレンジド

文化

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
健常者・障害者が寄り添うイメージ
健常者・障害者が寄り添うイメージ

 自身の障害を周囲に発信することを目的とした「『つづきチャレンジド』マーク」のデザインがこのほど決定し、10月19日に行われた福祉農園でデザイン採用者への表彰式が行われた。

 これは都筑区社会福祉協議会が進めていた事業。同マークのデザインを募集し、一般投票などを経て決定された。

 最優秀賞を受賞したのは、東方町在住の小森弘司さん(37)。小森さんの息子は自閉症を持ち、同マークのような制度に関心を持っていたという。モチーフのクローバーやパズルは、障害者や自閉症のマークとしても使用される。小森さんは「名誉ある賞をいただけて光栄です。都筑区内を中心にこのマークの認知度を上げて、いつか全国に広まってくれれば」と話した。

 また「つづきチャレンジド」マークの缶バッジも作成されており、区社協窓口で購入可能(100円)。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

みどりと花のまち巡り

参加者募集

みどりと花のまち巡り 文化

来年2月開催

12月2日号

我が子の自立を考える

我が子の自立を考える 社会

12月19日 保護者交流会

12月2日号

「ジャンプシュートに注目を」

「ジャンプシュートに注目を」 スポーツ

選手インタビュー【9】 ジェイコブス晶

12月2日号

整備進むも利用に課題

ケアプラ等ICT環境

整備進むも利用に課題 社会

市民向けは低調

12月2日号

秋山木工で木工展開催

【Web限定記事】

秋山木工で木工展開催 文化

家具職人による家具展示即売会も

12月2日号

「生理の貧困」を支援へ

「生理の貧困」を支援へ 社会

市社協など、寄付金募集

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook