都筑区版 掲載号:2015年10月29日号

佐江戸ゲートボール部

市代表として全国で奮闘 スポーツ

ねんりんピックに初出場

出発前の壮行会で健闘を誓ったメンバー=左から山崎さん、佐藤さん、有本八重子さん、井川さん、佐々木さん、岡崎さん、有本勝さん
出発前の壮行会で健闘を誓ったメンバー=左から山崎さん、佐藤さん、有本八重子さん、井川さん、佐々木さん、岡崎さん、有本勝さん
 山口県で10月17日から20日まで、第28回全国健康福祉祭(ねんりんピック)が行われ、佐江戸親和会ゲートボール部が市代表として初出場した。

 厚労省・一般財団法人長寿社会開発センター・開催都道府県共催。60歳以上を中心にスポーツや文化種目で交流を深め、高齢者の健康保持、社会参加の促進を目的としたもの。スポーツはゲートボールをはじめ、マラソン、サッカーなど21種目、文化種目は囲碁、将棋など4種目。各都道府県から予選を勝ち抜いたチームや個人が出場した。

 佐江戸親和会ゲートボール部は地元の愛好家たちで結成するチーム。山崎信子さん、佐藤文子さん、有本八重子さん、井川富男さん、佐々木敏泰さん、岡崎紀秀さん、有本勝さんの7人が出場した。4月に行われた予選の市大会では約40チームが出場する中、準優勝で全国への切符を獲得。市代表となり初出場を決めた。

 全国大会は予選リーグ敗退だったが、主将の佐々木さんは「佐江戸町から全国という大舞台へ出場できたことがとてもうれしい。課題が多く見つかったので、改善して次の大会に臨みたい」と話した。

不登校・ひきこもりが終わるとき

講演会 体験者が当事者とその家族に語る理解と対応の道しるべ

http://oyanokai.blogspot.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6件

6党県代表が年頭談話

獅子舞に無病息災願う

半世紀、湧き続ける情熱

”ハマの湯”の未来は 【2】

半世紀、湧き続ける情熱

1月19日号

ベイジュニアが初優勝

12球団大会

ベイジュニアが初優勝

1月19日号

パラ競技「ボッチャ」を体験

「じんじん」無料上映会

関連記事(ベータ版)

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク