都筑区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

広がる「こども食堂」【下】 子どもの背景にも目を

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
幅広い世代が交流を楽しむナナ食堂(青葉区)
幅広い世代が交流を楽しむナナ食堂(青葉区)

 青葉区あざみ野で地域の交流スペースを運営しているNPO法人スペースナナは、横浜市内でも早くから「こども食堂」に着目してきた団体の1つ。同法人が2015年2月から運営する「ナナ食堂」には現在、これからこども食堂を始めたいという人たちから毎週のように問い合わせがあるという。共同代表を務める柴田暁子さん(67)は「1つの『現象』になっている気がする。皆子どもを大事に思う気持ちで行動していて、日本も捨てたものじゃないなって思う」と話す。

誰もが立ち寄れる場所

 ナナ食堂のきっかけは、ほかの多くの団体と同様に、「子どもの6人に1人は貧困」という報道で、「食べられない子がいるなら、なんとかしないと」という思いで動き出した。一方でスペースナナは、「誰でも立ち寄れる場所」を作ることをコンセプトにしているため、「ナナ食堂が『こども食堂』かというと、そういうわけでもない」と柴田さん。食堂でも対象を子どもには限定していない。

 食堂では月に1回ずつ昼食、夕食を大人500円、高校生以下無料で提供しているが、実際に運営を開始してみると子どもだけで足を運ぶケースはなく、利用者の多くは家族連れや高齢者など。「お腹を空かせている子の見極めは難しいし、その子に足を運んでもらうのも難しい。そもそもこの地域には、貧困の子どもなんていないのかもしれない」

「意義ある活動」

 それでも続けているのは、「おかずを作ってきてくれる参加者がいたり、それを楽しみにしている人もいる。そんな交流の場にもなっている」と柴田さんは明かす。だがほかの食堂では、子どもを救いたいという思いとは裏腹に、手応えが感じにくいため、「私のやっていることは、お腹を空かせた子どもたちに届いていない気がする」と活動を辞めてしまう例もあるという。

 横浜こども食堂ネットワーク準備会の有志メンバー米田佐知子さんは、「従来子どもの貧困について語り合う場自体がなかった。その意味でも機運の高まりは意義がある」と話す。柴田さんは、「子どもの貧困というけど、それは実は親の貧困。それぞれの原因となっている社会問題にまで目を向けることが大切なのだと、改めて感じている」と課題を口にした。(了)

都筑区版のローカルニュース最新6

大河ドラマゆかりの地紹介

県と市

大河ドラマゆかりの地紹介 文化

『鎌倉殿の13人』特設ページ

1月13日号

大賞にオートミール

食のトレンド

大賞にオートミール 文化

クックパッド選出

1月13日号

美術の眼考古の眼

美術の眼考古の眼 文化

歴博で企画展

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 社会

3万6千人が節目

1月13日号

獅子舞に興味津々

獅子舞に興味津々 文化

都筑ヶ丘幼稚園

1月13日号

マンション問題、解決へ

参加無料

マンション問題、解決へ 社会

リモート交流会

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook