都筑区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

脳卒中になっても元気でいるために リハビリで運動能力を維持 センター北 ねがみクリニック

一人ひとりに合わせたメニューでトレーニング
一人ひとりに合わせたメニューでトレーニング
 脳の血管が詰まったり、破裂したりすることで突然引き起こされる「脳卒中」。一命を取り留めても体のまひなどの後遺症が残った場合、社会復帰までに長期間要することも少なくない。

 「後遺症で体が不自由になっても受け入れてしまう方が非常に多いが、リハビリで症状を改善できます」。そう話すのは「センター北 ねがみクリニック」の根上茂治院長。同院には国家資格である理学療法士、作業療法士が6人常駐。固まった関節や筋肉の緊張を和らげ、トレーニングすることで日常生活に必要な運動能力を維持することができる。

「患者さんの生活を過ごしやすく」

 まひの箇所が違えば普段の生活で不便に思うことも違う。「だから患者さんの声に耳を傾けることが重要」と作業療法士の佐藤優太さん。「どうしたら過ごしやすくなるか考え、一緒に決めた目標に向かって取り組みます」。患者に寄り添い、ともに回復を目指す。

自分の脚で歩く=健康寿命

 健康寿命を延ばすためには自立歩行は欠かせない。「通院は運動や外出のきっかけにもなります。お気軽にご相談を」と同院。

センター北 ねがみクリニック

横浜市都筑区中川中央1-33-19

TEL:045-911-7111

http://negamiclinic.com/

不登校・ひきこもりが終わるとき

講演会 体験者が当事者とその家族に語る理解と対応の道しるべ

http://oyanokai.blogspot.jp/

<PR>

都筑区版のピックアップ(PR)最新6件

「バディランツァーレ」関東大会へ

「おひとりさまの老後に備える」

市民向け講演会入場無料

「おひとりさまの老後に備える」

1月18日号

出演・出店者を募集

2/3締め切り

出演・出店者を募集

1月18日号

今年も信頼の「ブルー&イエロー」を

「入居者の声が聞ける見学会」を開催

入居の決め手は?気に入っている点は?

「入居者の声が聞ける見学会」を開催

1月11日号

次年度新入生を募集中

横浜健育センター横浜健育高

次年度新入生を募集中

1月11日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク