都筑区版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

地域の文化財守る 都筑民家園で消防訓練

文化

 都筑民家園(大棚西)で1月26日、「文化財防火デー」に合わせて消防訓練が行われ、同園スタッフと都筑消防署職員、地元消防団員ら約30人が参加した。

 「文化財防火デー」は1949年1月26日、奈良県法隆寺の金堂が火事で焼損したことがきっかけとなり、翌年に文化財保護法が制定。以後、この日を中心とし、全国各地で消防訓練を行う日とされている。区内では、横浜市指定文化財の旧長沢家住宅がある同園で実施された。

 当日は主屋から出火した想定で、同園スタッフが消火器による初期消火、119番通報、来園者の避難誘導を順番に実施。その後、消防隊員・団員が園内に設置されている2台の放水銃で消火し、訓練は終了した=写真。

 星野雅明署長は「火災はあってはならないが、日頃の訓練が大事。地域一丸となってこの施設を守る」とあいさつ。同園管理運営委員会の岡本みどり理事は「頼りになる消防隊や地域の消防団の方々と協力し、これからも貴重な文化財を残していきたい」と思いを述べた。

都筑区版のローカルニュース最新6件

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク