都筑区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

地域で支える桜の祭典 「3年目、更なる成長を」

文化

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena

 鴨居地域を流れる鶴見川沿いの桜並木を会場に4月7日(土)、第3回鴨居桜まつりが開催される。

 この桜まつりは、それまで街をあげての大規模な桜まつりがなかった3年前、地域住民の手でまつりを実現したいと、鴨居連合自治会や鴨居商栄会などにより、企画された。

 鴨居駅から歩いてすぐの場所にある鶴見川沿いには約0・5Kmにわたって続く桜並木がある。約18年前、緑区制30周年を記念して植樹されたものだ。幼木から年月を経て、立派に成長した桜を地域のシンボルにしたいと、緑区で初となる大規模な「桜まつり」構想が持ち上がったのが約4年前。企画から運営、様々な準備もすべて地域住民らの手で行い、初回には5千人の人で賑わった。その様子はTV取材が入るなどして全国に発信され、翌年には約3倍、1万5千人の来場者が押し寄せる”地域の名物イベント”へと成長を遂げた。

 3年目となる今年は、地域の力で更にまつりを盛り上げようと地元企業に協賛を募るなどして、4千部のパンフレットを作成。まつり当日はもちろん、桜をもっと楽しんでもらおうとライトアップ期間を延長して開催するという(3月25日〜4月7日まで/各日とも午後6時〜9時まで)。

 「ぜひ多くの人に足を運んでもらいたい」と大川滋実行委員長(鴨居商栄会会長)は話す。大会会長を務める木村赳さん(鴨居連合自治会会長)は「地域の協力で今年も盛大にお届けできたら」と話している。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

市道の環境改善に寄与

美里橋サークルが実践賞

市道の環境改善に寄与 社会

4月2日号

白い花に豊作の願い込め

白い花に豊作の願い込め 社会

浜なし授粉作業到来

4月2日号

都筑の「桜」で一息を

都筑の「桜」で一息を 文化

散策後は人気パン屋へ

4月2日号

横浜市にとっての生命線

横浜北西線開通 林文子市長

横浜市にとっての生命線 社会

市内経済活性化に期待

3月21日号

「災害時の有効な道に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 山崎製パン横浜第二工場

「災害時の有効な道に」 経済

佐々木執行役員工場長

3月21日号

「市内の移動、便利に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 シュタットシンケン

「市内の移動、便利に」 経済

現代の名工 中山一郎さん

3月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク