都筑区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

「ひとつのプレーを全力で」 桐蔭高・森選手が入団会見

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)

 横浜DeNAベイスターズの新入団選手会見が11月22日、西区のホテルで開かれ、今年のドラフト会議で1位指名を受けた桐蔭学園高校(青葉区)3年の森敬斗選手が初めてユニフォーム姿を披露した。

 森選手は「ひとつのプレーで試合展開が変わり、見られ方も変わることがある。一つひとつが重要なので、常に全力で臨みたい」と力を込めた。また憧れの選手を聞かれると、同校出身でプロ野球でも活躍している鈴木大地選手(30歳)を挙げ、「人として尊敬のできる先輩。自分も見習い、10年、20年と活躍できるようでありたい」と話した。

 会見には森選手のほか、同じくドラフトで指名を受けた6選手も出席。社会人からの入団はなく、7人中4人が高校生というフレッシュな顔ぶれで、三原一晃球団代表は「チームは今年、2軍の施設やコーチを充実させ、育成に力を入れている。ここにいるのは、1軍に上がってきてほしい将来のスター選手たち」と紹介した。

高城捕手は1年半ぶり復帰

 また19日には、約1年半ぶりの古巣復帰となる高城俊人捕手(26歳)の入団会見が中区の球団事務所で開かれた。

 高城選手は2011年にドラフト2位でベイスターズに入団し、1軍でも活躍したが昨年トレードでオリックスバファローズに移籍。その後、同球団を戦力外となり、今回の契約に至った。「一度は戦力外になった身。新入団と同じ気持ちで緊張感をもって、投手からの信頼を得ていきたい」と語った。

新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手
新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手

都筑区版のローカルニュース最新6

市道の環境改善に寄与

美里橋サークルが実践賞

市道の環境改善に寄与 社会

4月2日号

白い花に豊作の願い込め

白い花に豊作の願い込め 社会

浜なし授粉作業到来

4月2日号

都筑の「桜」で一息を

都筑の「桜」で一息を 文化

散策後は人気パン屋へ

4月2日号

横浜市にとっての生命線

横浜北西線開通 林文子市長

横浜市にとっての生命線 社会

市内経済活性化に期待

3月21日号

「災害時の有効な道に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 山崎製パン横浜第二工場

「災害時の有効な道に」 経済

佐々木執行役員工場長

3月21日号

「市内の移動、便利に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 シュタットシンケン

「市内の移動、便利に」 経済

現代の名工 中山一郎さん

3月21日号

仏壇展示品クリアランスセール

供養の想い【引き継ぎやすい仏壇】を リビングに置ける仏壇が特価 1月13日迄

http://lastel.jp/shinyokohama/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

東急保険コンサルティング

ゼロから分かる「相続対策シリーズセミナー」申し込み受付中

https://www.tokyu-hoken.co.jp/sys/seminar

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク