泉区版 掲載号:2011年4月28日号
  • googleplus
  • LINE

相続問題について書いた「マッカーサーの占領政策は本当に日本を再生させたのか」を出版した 森下 正勝さん 森下和装工業(株)代表取締役 67歳

後世に残したい絆

 ○…領家などを拠点に創業91年の和装業を営み、畳職人として生きてきた。仕事を通じ多くの和風木造建物の修繕に関わっていくにつれ、相続税法へ違和感を抱いたことが、本を執筆するきっかけとなった。屋敷や田畑などの古き良き日本の景観が、年月を経て少しずつ減少している―。その理由の多くが、「相続税」によるものだと気付いた。相続税を納めるために、相続した土地や家屋の一部を売っている人が多いという。

 ○…「多くの日本人は、土地を売らないと生きていけない。その仕組みに憤りを感じた」と強い眼差しを向ける。相続税について学ぶため、60歳で神奈川大学に入学。法学部で相続税法について勉強していくと、「相続問題の解決は、日本の社会問題を解決する」と感じた。相続により家を失なわなければ、核家族化が防げる。そして、家族や地域のつながりが保たれることで、老々介護や子育て家庭の孤立などが改善できるのではないかと考えた。

 ○…昔からの思いだった「後世に残る本を作りたい」。今回出版した本は、「きっと多くの人に読んでもらえる本だ」と自負する。相続問題以外にも、新聞やテレビを見て感じたマスコミへの意見を盛り込み、専門的な説明から、日常の場面で詠んだ川柳までも掲載、作者の好奇心旺盛な性格がうかがえる作品に仕上がっている。

 ○…本を通じて伝えたい思いは「家族の絆」と「人情」。仕事をしながら大学に通い、執筆できたことも、家族の支えや職場の従業員の理解があってこそ。執筆の過程で人の絆や思いを感じずにはいられなかった。多くの人にアドバイスをもらったおかげで、相続税の歴史を描いたマッカーサー登場のシーンは小説のように、また、絆の大切さを説いた持論「囲みの理論」は専門書のようにと書き分け、柔軟な表現法が光る。「なかなか格好良く書けてるでしょ」と、人生の集大成を手に笑顔で語った。
 

泉区版の人物風土記最新6件

小田 眞知子さん

区リハビリテーション連絡会で代表として地域で医療・介護を支える

小田 眞知子さん

3月8日号

和田 久光さん

いずみ桜の苗を育てて中和田南小に寄贈した

和田 久光さん

3月1日号

渋谷 登志子さん

絵手紙サークルの講師を務め、カリグラファーとして手書きの良さを伝える

渋谷 登志子さん

2月22日号

遠藤 瑞行さん

スポーツ推進委員として25年地域で活動する

遠藤 瑞行さん

2月8日号

杉山 金夫さん

自作の昔遊び道具で子どもたちに遊びを教える

杉山 金夫さん

2月1日号

小山 正子さん

上飯田地区センターで味噌づくり教室の講師を務める

小山 正子さん

1月25日号

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク