泉区版 掲載号:2011年11月10日号
  • googleplus
  • LINE

ベースボールに触れた1年 アメリカに渡った西嶋一記選手に聞く

スポーツ

西嶋選手(左)と父成春さん
西嶋選手(左)と父成春さん

 上飯田町出身で昨年、米・MLBロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約した西嶋一記選手(投手・23歳)が、今シーズンの全日程を終了し、9月下旬に帰国。さらなるレベルアップ、そしてメジャー昇格に向け、自主トレに励んでいる。父、成春さんが経営するタイヤショップ西嶋で10月27日、話を聞いた。

 今シーズン、西嶋選手はドジャース傘下のRookie+リーグ、オグデン・ラプターズ(本拠地ユタ州)に所属し、オープン戦等を含め15試合、約35イニングに登板した。

 6月21日〜9月15日の間、プレーオフを含め約80試合という強行スケジュールをこなしてきた。「ボールの投げ方から体の使い方まで違う。パワーがすごいので、高めに投げちゃダメ。力強く振ってくるから低めに。今まで経験したことがない野球が1年でき、いろんな意味で勉強になった」と、ベースボールに触れた1年を振り返る。

 試合開始は19時以降で、終了は22時過ぎになる。レストランは閉店しているので、特に遠征先ではファストフードが主となる。渡米前に91kgだった体重は、1年間のトレーニングや食事の違いもあり、8kg増えて100kg近くになった。

 ソルトレイクシティでホームステイしているが、試合後から翌朝にかけてバスで10時間以上かけて移動するのがほとんど。チーム全員が1台のバスに乗るので、車内や座席は決して広くないが寝て過ごすことが多くなる。車内にはDVD映画が放映されているが、英語なので流してみる。到着後は、夕方から練習という日々が続く。

 決して楽な環境ではないが、アメリカ人だけではなく、多くの国の選手が憧れのメジャーを目指しており、練習に集中する。シーズンオフは球団から50ページに及ぶメニューが課せられており、自主トレに励む。

 「メニューはあくまで最低限。今年1年学んできたことを形にしていきたい。ピッチングスタイルもパワーアップも」と来季の抱負を語る。

 父、成春さんが監督を務める西が岡ベアーズ出身で、12月上旬には泉区少年野球連盟の25周年式典に出席予定。来春、渡米して2年目のシーズンに臨む。
 

泉区版のトップニュース最新6件

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク