泉区版 掲載号:2011年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

チャレンジドカップ 共働舎のパンが大賞に 障害を持った4人で参加

パンづくりの技が評価された
パンづくりの技が評価された

 障害のある人たちとその支援者によるパン・菓子つくりコンテスト、チャレンジド・カップの決勝大会が11月26日、国際フード製菓専門学校(西区)で開催され、社会福祉法人開く会共働舎(中田西・【電話】045・802・9955)の「自家製小麦を使った3種のベリーとナッツのパン」がパン部門の大賞に輝いた。

 自立に向けて努力する障害を持っている人たちの励みになればと、NPO法人NGBCが03年から隔年開催されているもので5回目。今回は全国から64チームの応募がある中、2回の審査を通過したパン部門と焼き菓子部門の各8チームが技を競いあった。

 決勝大会に毎回エントリーされる同会は、3回大会から秦野市で栽培した自家製小麦をパンづくりに使用。今回は障害を持った4人が製粉、焼き上げなどすべての工程を担当した。

 生地の軽量をした石原秀隆さん、切れ目を入れた及川俊文さん、成形した小林麻衣さん、機械(発酵)管理の水谷真也さんの4人は「緊張したが楽しかった。金メダルを取れるとは思わなかった」と振り返り、大賞受賞を喜んだ。

 受賞作は小麦の香りにベリーの酸味がアクセントになったシンプルなパンで、外皮のカリカリ感と中のやわらかさが楽しめる。同会内のShop花郷(はなむら)で1日に15本ほど、昼前に焼き上がる。

 同店の営業時間は10時30分〜17時。12月26日(月)〜30日(金)はイベントを予定している。受賞作はないが、パンの一部は泉区役所でも火曜の11時45分〜13時に販売している。
 

泉区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

市青指の新シンボル決まる

公共施設の「多目的化」推進へ

若者世代呼び込みに一手

下和泉地区連合

若者世代呼び込みに一手

3月8日号

学童保育 運営道のり険し

30年の整備に終止符

権太坂和泉線和泉地区

30年の整備に終止符

3月1日号

3/13家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク