泉区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

区の花 「あやめ」見ごろに 6月はハナショウブ

泉中央公園のキショウブ(5月25日撮影)
泉中央公園のキショウブ(5月25日撮影)

 泉区制5周年の1992年、水と緑のイメージから区の花に制定された「あやめ」が各地で咲いている。

 区の花「あやめ」という表現はハナショウブ、アヤメやカキツバタなどアヤメ属アヤメ科のすべてを指し、区内には地域住民の協力で数多くの「あやめ」が植えられている。

 アヤメは5月ごろ、ハナショウブは6月ごろが見ごろといわれており、泉中央公園のあやめ・であい池ではキショウブの花が見られた。他にも、四ツ谷湧水や和泉川の新中和田橋〜鍋屋橋、地蔵原の水辺・中和田公園、和泉川親水広場など、区内には多くの「あやめ」の見どころがある。
 

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク