泉区版 掲載号:2014年9月4日号 エリアトップへ

くるみ保育園 半世紀の足跡 顧みる 感謝の集いに100人

教育

掲載号:2014年9月4日号

  • LINE
  • hatena
ギター演奏で園歌を斉唱
ギター演奏で園歌を斉唱

 社会福祉法人くるみ保育園(田中俊雄理事長兼園長・下和泉)が8月30日、創立50周年式典「感謝の集い」を同園で行った。近隣の小中学校長や元職員ら関係者約100人が集まり、半世紀を駆け抜けた同園を祝った。

 お世話になった方々への感謝の意を込めたこの集い――。田中理事長の描いた記念樹や孫の絵が廊下を飾り、会場には日頃使用する教室やテーブルが用意された。「園児になった気持ちで楽しんでほしい」という田中理事長のあいさつで始まり、50周年を記念して父母会から寄贈された舞台幕が開き、オープニングショーが開幕した。園の改築や食品の納入に携わる営繕や物納関係者らに感謝状が、永年勤続(10年)として田中淳一副園長ら8人の職員に表彰状が贈られるなど、終始和やかな雰囲気で会は進んだ。

 式典には佐藤俊雄下和泉連合町内会長、清水城太郎元泉区連合自治会町内会長、西ヶ谷保秀泉区社会福祉協議会長らが来賓として招かれた。初代理事長兼園長を務めた田中シヅエさんや元職員、卒園生らも参加し、中には40年ぶりの再会もあった。「横のつながりがあるアットホームさが園の特徴」と職員は話す。

 また創立30周年時に行われた大相撲くるみ場所をきっかけに、当時「琴の若関」として訪問した佐渡ヶ獄親方も20年ぶりに園を訪れ、祝辞を述べた。

 職員から理事長へアルバムのプレゼントなども送られ、最後は園歌「こころにたいようを」を斉唱した。

くるみ一家

 同園は田中理事長が34歳で設立。モットー「心に太陽を/くちびるに歌を」の通り、のびのびと駆け回る園児たちは現在1歳〜5歳125人が在籍し、卒園児は2400人を超える。

 50周年に合わせて記念誌も作成され、田中理事長は「地域の皆様に支えられている。くるみの輪を深め、乳幼児の育成に努めていきたい」と話した。

祝辞を述べる佐渡ヶ獄親方
祝辞を述べる佐渡ヶ獄親方

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

コロナ禍で増加傾向続く

泉区内家庭ごみ

コロナ禍で増加傾向続く 社会

市「食品ロス削減を」

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

学習支援の動き進む

区内ケアプラザ

学習支援の動き進む 教育

いずみ中央は自習室開放

7月15日号

電話録音機を寄贈

遊技場協同組合泉支部

電話録音機を寄贈 社会

泉警察署へ200台

7月15日号

ゆめが丘にキャンプ場

ゆめが丘にキャンプ場 社会

「泉区の豊かな自然感じて」

7月8日号

熱中症に警戒を

泉消防署

熱中症に警戒を 社会

屋外等「適宜マスク外して」

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter